人気ブログランキング | 話題のタグを見る

人生初めての胃カメラ体験

そんなこんなで(どんなこんなかはわからないが)、胃カメラを飲むことになりました。

口の中からカメラを入れて胃の中を見るなんて、狂気の沙汰。拷問以外の何物でもありません。


学生時代、胃を悪くしたことがあり病院に通いましたが、先生に「次回胃カメラね」と言われた時、その街から姿を消したことがあります(池袋)。しかし大学が池袋だったもので、姿を消したつもりの後も、その病院の先生にうっかり会わないかビクビクして、余計胃を壊したものでした。


それから20年以上経ち、ついに胃カメラと向き合わねばならなくなりました。医学の進歩は日進月歩。「この20年の間に拷問ではない胃カメラになっているはずである。」そう自分に強く言い聞かせて、そのくせインターネットで辛くない胃カメラの病院を調べまくり、その時が来たのでありました。


先生は優しい声で「胃カメラ初めてですか?全然辛くないですからね。安心してくださいね。」と、疑い深く、恐怖に震えている私に言ってくれます。全然辛くないかは私が決めることで、先生が決めることじゃないと心の中で反抗します。


前日は21時までに食べ終わらなければいけない。でも最近は胃にいつまでも食べ物が残っているような感覚がするので、念には念を入れ、19時には食べ終える気の小さい私。


翌朝8時半、病院へ行く。看護師さんや先生方がやたら優しい。これはやっぱり、これから起こることが恐ろしいから、こんなに優しくしてくれるのに違いない!


カメラの入れる場所を、喉か鼻で選べるのだが、もちろん鼻からにする。耳鼻科で慣れているから、喉からでも鼻からでもむしろ得意だが、ここも安パイを狙って鼻からにする。


鎮静剤を使うかどうか質問される。食い気味で使うと発表。当然でしょう。つい先日、網膜剥離の手術をしたときに、鎮静剤を入れてくれた。その時の気持ちよさと言ったら(笑)。ここはマストで。


まず最初に、バリウムを飲む時と同じように、胃を膨らませる不味い液体を紙コップ一杯飲む。看護師さんが「一気に飲んだほうがいいですよ。」とアドバイスしてくれる。なるほど、まずいんだなと理解し、息を止め一気飲みした。「まずっ」と感じたり、あー、飲みやすいように冷たくしてくれてるだ〜などと精神状態は支離滅裂。アドバイスのおかげで首尾よく飲み込めたが、軽くゲップが出る。きっと出しちゃいけないはず。もちろん内緒にしておく。横たわり、その液体を胃壁にくっつかせるためにゴロゴロさせられる。それは得意。


その後、鎮静剤を入れるための注射針を腕に設置。そこに生理食塩水を入れる。鎮静剤は、先生がカメラを入れる直前に入れるとの事。


さて、鼻の中に鼻腔を広げるスプレーをされる。これも耳鼻科で得意だし、いつもならむしろ吸い込むが、今回は耳鼻科と比べ物にならないほどの量を入れられる。その後、鼻に麻酔を入れられるが、それもかなりの量だった。すぐに麻酔が効いた。


するとどうでしょう!息の仕方がわからないような、不思議な感覚に襲われる。少し経って喉にも同じ麻酔液を入れられる。10数えてから飲み込みますよと看護師さん。なぜか抱っこしてくれる(すぐに飲み込まないように頭を持ち上げてくれているよう)。いい気持ち(笑)。さ、飲み込んでくださいと言われて、ゴクンとするとまたすぐに麻酔が効く。鼻も喉も感覚がなくなり、息が吸えないような気持ちになる。これはちょっと焦る!!


声楽家で良かったと思うのは、こんな時に意識的に鼻腔や喉の奥を拡げられること。一生懸命押し拡げて息を吸う。そんなことしなくても息は吸えているけどね(笑)。でもプチパニックの私は、一生懸命に息を吸う。とにかくこの時が1番嫌な気持ちだったー。


片方の鼻にカメラを入れるための筒のようなものを差し込まれる。ズボーって感じ(笑)。こういうのは得意。客観的に自分を見てみたい。かなり面白い絵面なはず。


ついに先生がいらっしゃる!先生はまた優しい声で「丁寧に見ていきますよ。心配ありませんからね。」とおっしゃる。こちらも、もうまな板の上の子豚なので腹は決まっている。


鎮静剤が注入されたようで、頭が一瞬フワッとする。あーもうどーでもいいやーという気持ちになる。鎮静剤が入っても意識はなんとなくある。鼻を入っていくカメラやどんどん中に進んでいくカメラの感覚は朧げながらある。ポリープがあるね、とか、びらん、とか看護師さんに伝えているのも全て分かるが、ほとんどぼーっとしているのでなんてことない、どころか、気持ちが良い。ポリープ等を生体検査に出すらしく、組織を取ったりしているらしい。違和感はあるが、だからと言って感情が波立つようなことは1ミリもない。推測では、先生が全てを調べ終わる頃に私の意識はなくなり、本気で寝込んだのだと思う。カメラを抜いていく覚えは全くない。でも「終わりましたよ!」というどこまでも優しい声は聞いたような気がする。


人生初めての胃カメラ体験_d0246243_14541446.png


看護師さんが入ってきた。ちょうどその頃目が覚めた。きっとこのくらいの量を入れると何時ごろに目が覚める、というのでもあるのだろう。ピッタリ、看護師さんが来るタイミングで気持ちよくお目覚め。随分ぐっすり寝たようだ。8:30に始まり、時計を見たら10時だった。処置室を占領し、ぐーぐー寝ていたと思うとなんとなく恥ずかしい。寝相が悪いので、ベットから落っこちないで良かった。そんなことになれば恥の上塗り。ぐっすり寝ているうちに鼻に刺さっている筒が無くなっていたり、横向きだった姿勢が仰向けになっていたり、恐ろしかった鼻や喉の麻酔も切れていた。体を回転させたりするのは重たかったろうな、などとぼんやり思う。


ゆっくりと起きあがらせてもらい、待合室で先生に呼ばれるのを待つ。カメラで見た映像を見ながらどうだったかお話下さるらしい。


すぐに呼ばれて入ると、「とても上手にカメラが飲めましたね。」と褒められる。ま、気持ちよく寝ているような状態だから上手も何もないんだけど、嬉しい。


私は貴重な人生経験を積んだなぁと感慨も一入。またいつか胃カメラをやらないといけない、と言われたら、正直……、嫌、どころかむしろやりたい!くらいの気持ちだなと思った。能天気な自分に戻っている。よし、いいことだ。


数日前にFacebookで大学院の同級生が「軽く人生観が変わるほど辛かった初めての胃カメラ」と書いていました。T君、私が受けたところでやれば良かったね(涙)。


医学の進歩に深謝。


by komaiyuriko | 2022-03-04 16:22 | 徒然なるままに