人気ブログランキング |

パリ日記⑧

パリ日記、最終回は当然、日々のグルメ編です。

旅行中といえども、毎日外食するわけには行きませんから、おうちで静かにご飯をすることもしばしば。そんな時に欠かせないのがチーズです。
d0246243_20583052.jpg
カマンベール。このカマンベール、最高に臭くて美味。
d0246243_20584423.jpg
クルトパさーちゃんの大好物、コンテチーズとカマンベールをレーズンパンと共に。
d0246243_2059886.jpg
日本になくて悲しいものナンバーワンのマッシュ(緑の生野菜)。生ハムと食べると永久に食べ終わらないのではないかと思うほど。
d0246243_2059196.jpg
チーズやマッシュサラダのおともにはピカール(冷凍食品屋さん)で購入した100%グレープフルーツジュース。購入時はカッチカチに凍っています。適度な酸味と仄かな苦み、まろやかな甘さです。大好き。

d0246243_20593429.jpg
とはいえ、ついついパリで立ち寄ってしまうのが、ここ、「ひぐま」。パリ時代、指揮者の大野和士さんが「ひぐまに行こう!」という掛け声と共に颯爽と現れたのが忘れられません。
d0246243_20594583.jpg
ひぐまのミソラーメン。この店のお客さんは、いつ来てもヨーロッパ人の方が断然多いです。彼らの、お箸の使い方も難しい上、ラーメンをすすれず、時間が経って麺が延び、スープがなくなるという現象を何度も見ました(笑)。

d0246243_2101613.jpg
この旅行中3回目の「フォー14」。これがボブン(スープナシ春雨麺。上に揚げ春巻きのネムが乗っています。お見事。)です。
d0246243_2102682.jpg
のぞちゃんもご満悦。チキンのフォーをお召し上がりになりました。

d0246243_219157.jpg
のぞちゃんのお友達、しおりちゃんが是非行きたいと言うので、私が皆さまをパリの中の異国にご案内しました。モスクです。この門をくぐると、そこは別世界です。
d0246243_2191310.jpg
禁煙法が発令される前までは、このパティオには水煙草を吸う人々とその甘い香りの煙に満ちていました。それはそれは異国情緒を掻き立てる素晴らしい風景でした。タバコは嫌いだけれど、水煙草はいつか吸ってみたいなと思っていたのに残念。
d0246243_2192588.jpg
モスクのパティッスリー。いつ見ても食欲をそぐデザートが並んでいます。失礼ながら。。。
d0246243_2193732.jpg
サロン・ド・テの中はこんな雰囲気。ラヴェルの「シェエラザード」を想起させる素敵な内観。
d0246243_219461.jpg
モスクの中にはスズメがたくさんいます。人に慣れていて、人の食べ残しどころか、人が食べているのをもらいに来ます。

またある時はマレのカフェでお勉強。のぞちゃんとオペラの演出について話し合います。
d0246243_2104610.jpg
基本的にこの店に入り浸りました。昔から好きなカフェです。
d0246243_21122418.jpg
カウンターの裏側はこんなにシックで静かです。カフェ勉にはもってこいの場所です。
d0246243_21123584.jpg
モヒート、と格好つけて言いたいところですが、モヒート風ソフトドリンク。ミントとレモン果汁をシュウェップスで割った、爽快な飲み物。頭も冴え冴えです。ナンチャッテ。
d0246243_21101357.jpg
また別の日、同じカフェでご飯を食べることに。こちらはコンフィ・ド・キャナール(鴨のコンフィ)と、ヤギの温かいチーズ&ブルーチーズのサラダ添え。
d0246243_2105729.jpg
また別の日も同じカフェで、タルト・タタンを召し上がるのぞちゃん。クレームがさっぱりしていて美味しいんだよね~。
d0246243_211770.jpg
私は甘いものが食べられないので(学習済み)、チーズにしました。悩んだ挙句、カマンベールに決定。普通~。
d0246243_211166.jpg
しおりちゃんとのぞちゃんはパナシェ(ビールとリモナード)とモナコ(グラナデンシロップのビール割り)をご注文。
d0246243_2112569.jpg
私も負けじとパナシェを注文。二人に聞こえないようにこっそりと「ほとんどリモナードでお願い!」と店員さんに耳打ちします。色、薄っ!バレたな…。

d0246243_2114288.jpg
マレは活気に満ちた素敵な街。ヴォージュ広場の方へ向かってお散歩しましょう。
d0246243_212414.jpg
ボージュの端にあるこのカフェ・レストランには通る度に入ってみたいなと思わせる雰囲気があります。
d0246243_217208.jpg
d0246243_2173916.jpg
ボージュ広場。パリ市民の憩いの場。
d0246243_2175169.jpg
d0246243_2181010.jpg
建物の角がユゴーの生家です。今はユゴー記念館になっています。

d0246243_2113347.jpg
従順な我らはまたマレ中央に戻ってきます。いつもこの辺りをふらついているといっても過言ではありません。だって、ランプ一つとってもこんなにポエティックなんですもの。
d0246243_21131839.jpg
このカフェはいつものカフェから徒歩20秒のところにあるカフェ・バー。この3人掛けの椅子が好きでパリ時代もよく訪れました。この椅子に座りたいためだけに!のぞちゃんったら、後ろの絵とナイスコーディネート。

d0246243_21134364.jpg
マレからの帰り道はいつもポンピドゥーの横を通り過ぎ、シャトレまで向かいます。
d0246243_21135899.jpg
ヴェリブ(パリの公共レンタサイクル)ならぬ、レンタカー(ヴェルブと同様、パリ市が経営)を発見!!いつの間にこんな便利なものが。しかも環境に優しい電気自動車。充電中です。東京もヴェリブしてくれたらいいのに!
d0246243_21141010.jpg
シャトレ駅。あれ?と思った方、多いのではないでしょうか。なんと、地上の建物がなくなっていたのです(驚)!サン・トゥシュタッシュ教会が丸見えです。ただ以前通り、レ・アールのショッピング街はそのまま地下にありました。駅もありました。地上のみ大改造中です。次回パリに行く際には、また新しいパリを発見できそうです。

d0246243_21142870.jpg
ボンヌ・ヌヴェル(良い知らせ)駅にて。

パリはいつでも好奇心をくすぐるおもちゃ箱のような街です。新しい発見と懐かしさに満ちた、良い旅となりました。お世話になった奏恵ちゃん、のぞちゃん、しおりちゃん、そして、パリと一緒に写真に収めて下さいました、さとこさん、どうもありがとうございました!

*********************************************
             駒井ゆり子 オフィシャルホームページはコチラ
           クルト・パイユホームページ リニューアルオープン! 
by komaiyuriko | 2012-08-22 22:12 |