人気ブログランキング |

芸術堪能週間

やって参りました、芸術の秋。
先日子供の頃ぶりに日本の栗を食べたユリです。
栗どらも食べました。(やっぱり食欲の秋じゃん。)

「芸術を堪能しようウィーク」という週を自分勝手に作ってみました。この週は、興味のあったアートを貪る、という大変過激な構想を持った週です。

私のスケジュールはこちら。

①神奈川県立近代美術館 葉山での企画展「古賀春江の全貌」を観る!
②横浜美術館でドガ展を観る!
③去年、手塚治虫文化賞を受賞した丸尾末広氏の「パノラマ島綺譚」を買って読む!
④文化会館でオペラを観る。
⑤オペラの稽古をする(笑)。
⑥コンサートで必要な映像を作る。

一日一つをクリアすれば素晴らしい週になることは間違いありましぇん。
そして見事に予定を敢行した私なのでした。

①「古賀春江の全貌」展
芸術堪能週間_c0182125_2216762.jpg
神奈川県立近代美術館は、私が恋をした絵「窓外の化粧」が常設であるという素晴らしい美術館です。以前にもこのブログで古賀春江を紹介したことがあります。そこで私が欲しいと書いた、「古賀春江詩画集~牛を炊く~」という今や絶版の超希少本を、その年の冬、突如サンタクロースが現れて私に下さいました。
芸術堪能週間_c0182125_221558.jpg
芸術堪能週間_c0182125_22151422.jpg
1ページ1ページを撫でるように捲り、読み耽った本です。この本を読んでからますます古賀熱が増し、そしてこの度の回顧展。「私をどうするつもりっ?!」とソープオペラ入ってしまいそうです。

芸術堪能週間_c0182125_22153343.jpg

美術館は、逗子駅からバスで20分ほどの海沿いにありました。背中は山。旅に来た気分です。
入場者は我ら以外に3、4人見かけました。ま、平日だからねっ。

素晴らしいコレクションでした。というより日本中からよくぞここまで集めてきてくださいました、という感じ。充実した内容で、作品数も豊富、展示も演出も素晴らしかったです。感動的でした。
それにしても古賀さま、時代によって作風が違いすぎです。ピカソの「青の時代」、あるいはユトリロの「白の時代」、いいぇ、そんなものじゃござーません。

水彩画に傾倒してみたり、モジリアーニ、シャガール、ピカソ、ゴーギャン、ルソー、ミロ、ダリなどを思わせる作品を生みだしてみたり、そして最終的に我が子の死を経て、日本のシュールレアリスムの父となるまでの変遷が、明らかにされ楽しめます。皆さん、行った方がいいよ。on y va(オニヴァ)だよ。

ミュージアムショップではもちろん、今回のカタログを買い(これがまた詩画集になってるの!お見事。カラーだし。感激。)、カードを買い、ご満悦というより、熱に浮かされ気味の様子でした。
芸術堪能週間_c0182125_2217264.jpg
芸術堪能週間_c0182125_22172583.jpg

この美術館は、その熱を冷ますのに素晴らしい立地条件でした。目の前の海辺まで散策できるのです。こんな風に神秘的な小径を抜けて。
芸術堪能週間_c0182125_22174997.jpg
芸術堪能週間_c0182125_221759100.jpg
この小径だけで散文詩がかけそうなくらいです。

すぐに広がる海岸線。
芸術堪能週間_c0182125_22181443.jpg

人っ子一人いない海辺に、ワンコの足跡だけが残っていました。
芸術堪能週間_c0182125_22281516.jpg


②ドガ展を観る!
みなとみらい駅直結の近代的な美術館でした。オルセーのようなルーブルのような建築と空間で素敵でした。
芸術堪能週間_c0182125_22184986.jpg

オルセーで何度も見たドガの作品。また日本で会えるなんてねぇ。そういえば今年はオルセーの子たちとよく会えますね。日本、ラッキーです。ドガの世界を堪能できる上品な演出で、お勧めです。
私が感激したのは、この美術館の常設展。シュールレアリスムの作品が揃っているのです。どびっくり。ダリ、マグリット、デルヴォーらの絵画作品に加えて、彫刻もあります。もう陶酔。この美術館、えらーい!!そして度肝を抜かれたのがマグリットの彫刻。遠くから眺めて、「あれはもしやマダム・レカミエではなかろうか」と思い、恐る恐る近寄り、ルネ・マグリット作「レカミエ夫人」と書かれたプレートを観た時には震えました。
芸術堪能週間_c0182125_22191048.jpg

常に白いローブを身につけ、今は彼女の名から「レカミエ」と呼ばれるカナペ(ソファー)に腰掛ける絶世の美女、レカミエ夫人。そのカナペの上に棺桶となり、それでも白いローブが垂れている、この彫刻を見て、すぐにレカミエ夫人だと気付かせるとは、さすがにマグリットです。どえらい。

③丸尾氏の漫画をゲット
芸術堪能週間_c0182125_22193091.jpg

私の敬愛する漫画家、丸尾末広氏が去年手塚治虫文化賞を獲った作品です。いつもは彼のオリジナルですが(と言っても、ランボーや中也、乱歩、久作、ボードレール、バタイユ、寺山、ジャン・ジュネ、サド、コクトーなどの引用や、それらの作品からのインスピレーションが散りばめられている)、今回は江戸川乱歩の原作に彼が脚色し作画したものです。
芸術堪能週間_c0182125_22194580.jpg

一気に読み終えた途端、もう現実には戻れないかもしれないと思いました(笑)。
嗚呼、日本には江戸川乱歩が、丸尾末広がいて良かった。感謝。
彼の作品はいつも潜在意識や過去のゆがめられた記憶たちが今目の前に広がる、という幻想的な超感覚本です。すごい。すごいよ。みんなon y vaだよ。どこへ?彼方だよ。
あ、怖い(笑)?!

④オペラ鑑賞
まーちゃんとオペラを観に行ってきました。ペルゴレージの「奥様女中」。古楽器とのアンサンブルは楽しく、演出も枠組みはとても興味深かったです。しかし枠組みを整えた上で中身をその色で埋めていくことの難しさを痛感しました。コンセプトとコンテンツの統一と融合をうまく作り上げねば、一瞬一瞬の面白さだけで終わってしまうのではないかと悩めました。

⑤オペラの稽古に励む
夏に上演したモーツァルトのオペラ「バスティアンとバスティエンヌ」の再演が再来週、市ヶ谷であり、その稽古をまたもや合宿並みに短期決戦でやっております。
芸術堪能週間_c0182125_22302239.jpg
芸術堪能週間_c0182125_22303339.jpg

最初に音楽稽古をした時の感想は、「やっぱりこれっていい音楽だよね。」「感動ポイントが数か所あって、まだ稽古だから泣いちゃうね。」などでした。再演とは思えないウブな感想でしょ(笑)。
大道具も愛知県からやって参ります。皆様、好ご期待ください。チケットは若干、数十枚はありますからね(笑)。

⑥映像を作る!
このコンサート、1部はのぞちゃんがヴォルフの「イタリア歌曲集」を、私がメシアンの「ミのための詩」を歌います。のぞちゃんは歌詞対訳をスクリーンに映し出しますが、私のメシアンは、訳を出したところでお客様もチンプンカンプンだと思い、私が音楽と詩からイメージする画像を作り、そこに歌詞の印象的なフレーズを挿入してみました。私がいつもメシアンを歌う時に見えるような画像はもちろんありませんが、それに近い材料を集め、加工して、今はとても近いものが出来上がったと思います。チラ見どーぞー。
芸術堪能週間_c0182125_22204555.jpg
芸術堪能週間_c0182125_222108.jpg
芸術堪能週間_c0182125_22211155.jpg
芸術堪能週間_c0182125_22212154.jpg


そんなわけで楽しいSemaine de l’art(芸術週間)でした。

最後にたった今私の心を捉えた、日常に潜む芸術品を一つご紹介。
芸術堪能週間_c0182125_22324419.jpg

「お月さん、なに食ってんのかな」だよ!びっくり。
by komaiyuriko | 2010-10-25 02:07 | 文化・芸術