<   2012年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

涼しくなったのも束の間、台風のせいでしょうか、なんだか蒸し暑いですね。これはまだまだ残暑厳しい9月中旬のお話です。

私、初めて学者さんの世界に足を踏み入れました。今年生誕300年を迎えるジャン=ジャック・ルソーの国際シンポジウムにお呼ばれしたのです。いつからそんなに偉くなったのかしら。
あ、歌だって!歌で呼ばれたみたい。そういえば、ルソーの研究してなかったわ。

ルソーさん、哲学者、思想家としては世界的に大変有名ですが、実はオペラを作曲しているのです。タイトルは『村の占い師』。モーツァルト作曲のオペラ『バスティアンとバスティエンヌ』の原作として有名でもあります。以前、峯島のぞちゃんwithアイゲンアートミュージックの皆様と、モーツァルトの『バスバス(と略します。)』を上演したことがあります。そのご縁で、今回はフランス語上演ですが、ウィーン在住ののぞちゃんと、占い師役にその時と同じく俳優の梅里アーツさん、そしてピアニストは我らの岩撫さんで臨ませて頂きました。
d0246243_22411252.jpg

それがー、結構大変だった!
まず、楽譜を手に入れるのに時間がかかりました。オーケストラ譜とソプラノ記号で書かれた楽譜はすぐに手に入ったのですが、現代譜によるピアノ&ボーカルスコアがありませんでした。それをフランスに発注、それが手元に届くまで長いこと。こういうところがフランスです。それから、本来バリトンの役である占い師を俳優さんに演じてもらうための台本書き換えがスタート。今回、上演の機会をくださったルソーの研究家、永見教授からルソーの台本を頂いていました。それと照らし合わせ、あーでもない、こうでもない、これじゃ分かりにくい、でも簡単にすると言葉の重みが薄れる…等々、久しぶりに頭を使い、やっと台本が完成。

ちなみに、永見教授は、私がパリにいた頃のパリ日本館館長さんなのです。パリにいた時から、それはもう、大変お世話になった方です。永見先生からのお話だから、絶対に成功させるぞ!という気合いばかりが先走り、知力、体力ともにその気迫に引きずられる数ヵ月でした(笑)。

今回は4人とも相当頑張りました。
d0246243_22413699.jpg
だって、会場のお客様が全員、日本はもとより海外からいらしたルソー研究家の皆様なんて怖すぎるもの!それを想像するだけで4人で震えあがり、よし、稽古しよう!の繰り返し(笑)。

案ずるより産むがやすし、会場はとても温かい雰囲気でした。
占い師という威厳のある役と狂言回し的な役を見事に重ね合わせてくれたアーツさんは、口上の部分から学者さんたちを笑わせます。出番を控えたのぞちゃんも私も、かわるがわる袖から覗き込んでは、「学者ギャグ、ウケてるよ!」などと実況中継し合いつつ、なかなか楽譜が手放せない私たち。
d0246243_23134866.jpg

オペラの最後では、手拍子が出るなど、会場の皆様が一体となってオペラを楽しみ、ルソーの精神を味わい、3日間に及ぶシンポジウムの最後の演目であったことから、祝祭的な雰囲気が感じられる最高の幕となりました。
d0246243_22453861.jpg

「頑張ればできる。」という小学生時分の教訓がよみがえりました。これから、もっともっと勉強しなければならない、と思いましたし、それら全てが血となり肉となるのだと実感しました。

オペラの様子を少しだけご紹介。
d0246243_2247515.jpg
ちょっと浮ついちゃったコランが意気揚々と街から戻ってきます。
d0246243_22495746.jpg
そんなコランに裏切られたコレットは心を痛め、占い師に相談します。そしてコランには愛していないそぶりを見せるという作戦を決行します。
d0246243_22515047.jpg
コランは心変わりしてしまったコレットを取り戻すために占い師に相談します。
d0246243_2253177.jpg
なんやかんやあったけど、お互い素直になって本心を伝えあい、許し合い、結ばれます。
d0246243_22543935.jpg
d0246243_2310127.jpg
今回の見せ場、パントミーム(パントマイム)です。ルソーの思想が集約されていると言っても良い場面です。
d0246243_23104595.jpg
ボードヴィルの場面。
d0246243_23112065.jpg
オペラの大団円では会場の皆さまもコーラスに参加していただきました。「木陰で踊り歌おう!」

オペラとシンポジウムが終わると、すぐにカクテルが開かれます。これがまたフランスです。
普段は飲みませんが、この日は喜びからワインを頂きました。それがまた激美味。
d0246243_23151367.jpg
永見先生と。ダンディな先生。
d0246243_23154121.jpg
我が師匠、芹沢文子先生と。
d0246243_23161198.jpg
のぞちゃんも私も岩撫さんもお世話になっている野村陽子先生と。
d0246243_2317394.jpg
ルソー研究家の皆さまと。私のお隣のパリ第7大学の教授は、オペラの最中、一列目にいらっしゃいました。全て暗譜されているようで、歌詞を口ずさんでいらっしゃいました(汗)。プロンプできたね、彼。
d0246243_23185736.jpg
関係者の皆で。タイトル「こつぶっこ(平均身長150cm)」

素晴らしい機会を与えて下さった永見文雄教授に心から御礼申し上げます。ありがとうございました。


*********************************************
             駒井ゆり子 オフィシャルホームページはコチラ
           クルト・パイユホームページ リニューアルオープン! 
[PR]
by komaiyuriko | 2012-09-29 23:25 | オペラ

芸術の秋、到来っ!

食欲の秋を体いっぱいに感じつつ、なんとか現状維持でがんばっております。

今月頭に、前回大好評でお客様が入りきらなかったコンサートの再演がありました。
そう、それは「金髪のジェニー」。通称パツキン。

今回も満員のお客様に迎えられ、よりハイテンションで歌いあげるお調子者の私。
d0246243_161821.jpg

すでに気心の知れたメンバー、さらに二回目の公演とあって、前回よりも音楽を心底楽しんで演奏しているようでした。
d0246243_165851.jpg
白熱の「ダニューブの漣」

そしてまたまた私のかくし芸タイム、ピアニカの登場です。
プロと演奏出来る喜びは、至極です。
d0246243_174633.jpg
前回は慎重さが勝ちましたが、今回は大胆さが勝ちました。

d0246243_182899.jpg
ヴィオラのすみれちゃん、演奏中、こんなに可愛い顔してたの~?!
必死で気がつかなかった(笑)。

またこのメンバーで演奏出来たら楽しいだろうな、と思います。
やっぱりアンサンブルメンバーは仲が良くってナンボですな。音楽に表れるもの。

そしてまたある日は、中学生の私に衝撃を与えた曲、ペルゴレージの「スターバト・マーテル」がありました。オーケストラは古楽器オケでは我が国№1のオーケストラ・シンポシオン。コーラスは、この度35周年を迎えられたコール・アマービレです。指揮をなさる市瀬先生のリーダーシップには脱帽です。35年間、コーラスのメンバーがほとんど変わらないのですって。大勢のメンバーを長い間惹きつけ、共に歩む力には感動しました。私も女声コーラスを始めようかな、一緒に人生を歩んで下さるような…、とぼんやりと思ってしまいました。

アルトソロは私の尊敬する先輩、山下牧子さんです。
d0246243_192884.jpg

d0246243_112597.jpg
段取りを忘れ、そそくさと帰ろうとする私を皆が引きとめます。まったくね~(汗)。

翌日はルソー生誕300周年シンポジウムでのオペラ公演があるというのに、打ち上げに最後まで参加するガッツのある私。だって楽しかったんだもん。

芸術の秋、本番です!
次回はルソーのオペラの模様をお届けします。(世界の車窓から)


*********************************************
             駒井ゆり子 オフィシャルホームページはコチラ
           クルト・パイユホームページ リニューアルオープン! 
[PR]
by komaiyuriko | 2012-09-27 01:12 | コンサート

今年の二月から六月にかけて、パリのオランジュリー美術館で評判になったエキスポジションがあります。《ドビュッシー、音楽と美術》です。人の口コミでだんだん人気が広がり、最終的には大盛況のうちに幕を閉じたという、伝説の美術展!

有難いことにこの美術展は今、東京におられるのです。東京駅の楽しい地下街から地上に上がってすぐのところにあります、ブリヂストン美術館で開催中。
d0246243_20451169.jpg
あまりの素敵さに、今回で二回目の拝観です。

前回は、美術品や解説を一言一句漏らさぬように徹底的に観ました。まるで凄腕刑事です。

そしてこの日はナント!
『ドビュッシーと同時代の芸術家たち』と題したレクチャーコンサートがピアニストの鶴園紫磯子先生によって開催されました。鶴園先生はピアニストでありながら音楽史、美術史研究の大家で、フランス近代、特にドビュッシーとその時代の音楽と、オリエンタリスム、ジャポニスムなどの権威です。

鶴園先生とは、以前ご一緒にコンサートをさせて頂いたことがあります。彼女が主宰するコンサートで、タイトルも一回目が「ベル・エポックの詩神たち〜ルイス、マラルメ、レニエの詩による音楽〜」、そして二度目が「エンマ・バルダックを巡って〜フォレとドビュッシーに愛されたサロンの妖花〜」です。フランス音楽を勉強したことのある方なら、このタイトルを見ただけで、鼻血が出るでしょう(天気予報風)。

そんな鶴園先生によるレクチャーコンサート。ワクワクドキドキしながら出かけました。

鶴園先生のお話は、学者先生の、本を読むようなお話ではありません。まるでその時代に生きて、見てきたかのような、新鮮な話ぶりが魅力です。聞き手の興味を誘い、作曲家や詩人が実際に生きていたことを感じさせる、実に生き生きとした楽しいお話なのです。今回もドビュッシー展でドビュッシーと芸術家たちの相関図ともいえる作品群や写真を見て、机上の勉強では感じることのできない実感と興奮を覚えました。

またドビュッシーの音楽の肝といえる部分を、他の芸術によって、例えばヴェルレーヌの詩によって、またはドニ、ルロール、北斎の絵によってご説明なさっとことは、私にとって青天の霹靂でした。印象派、象徴派の濃い霧が一瞬にして晴れるような理解が出来たことは衝撃でした。芸術を芸術によって説明する、鶴園先生の素晴らしさに感動致しました(涙)。
d0246243_20494194.jpg
モーリス・ドニの作品「聖行列の行進」
d0246243_20502064.jpg
同じくドニの「ミューズたち」。この絵に関する先生の解説、面白かったです。おぉ~!と感嘆のうめき声をあげることもしばしば。

マラルメの火曜会の件もなかなか愉快でした。
d0246243_211133.jpg
こちらマネ作のマラルメさん。あまりにも有名ですね。

以前、ブログでお話した《フランス詩の会》では、ちょうどマラルメの回を重ねたところでした。“海の微風”、“エドガー・ポーの墓”、“純潔に、生気あふれ”、“ため息”、“虚しい願い”、“扇”、“あらわれ”、“牧神の午後”、そして仕上げに“エロディアード”を読み解いていきました。マラルメの好きなワードや、趣味などが分かってきた頃でした。マラルメの火曜会とは、どんな雰囲気だったのかしらん、と思いを馳せて遊んでいましたが、鶴園先生の話によると、マラルメばかりが話していたらしいです(笑)。つい、吹き出してしまいました。もちろん彼独自の芸術論を話していたのでしょうね。でもきっと、綺麗な小物の話でも夢中になって話していたんじゃないの?なんて考えただけで、笑えてしまいました。
d0246243_2054455.jpg
参考資料にマラルメ嬢の扇をご覧ください(笑)。ドビュッシーの「マラルメの3つの詩」には、この扇に書かれた「扇」が入っています。

ドビュッシー展では、ドビュッシーの出世作としてカンタータ『選ばれし乙女』を大きく取り上げていました。イギリスの詩人であり画家でもあるロセッティの詩による『選ばれし乙女』。
d0246243_20553498.jpg
ロセッティ作「選ばれし乙女」
d0246243_20555693.jpg
ピアノ&ヴォーカルスコアの表紙。ロセッティ作。

まだ本当に初期の作品ですが、「ペレアスとメリザンド」や、「聖セバスチャンの殉教」、または「牧神の午後への前奏曲」を思わせる断片が見られます。ドビュッシーの作品にしては分かり易く、ドラマティックで、全体の長さも20分程という、ドビュッシーのエキスが凝縮された作品です。

この作品を、我が“クルト・パイユ”が12月に旧奏楽堂で演奏致します!ドビュッシー生誕150周年記念コンサートです。
d0246243_20573133.jpg

ドビュッシー作曲
カンタータ『選ばれし乙女』(全曲)

選ばれし乙女:田中麻理
語り:相可佐代子
合唱:アトリエ・コラル東京

指揮:駒井ゆり子
ピアノ:岩撫智子

この作品を生で聴けるチャンスはないはずです。ちなみに上野の旧奏楽堂も、今年度いっぱいで閉鎖しますので、日本初のクラシックの殿堂でドビュッシーのレア作品を聴けるとは、これはちょっと事件ですよ!

さ、急いで手帳に要チェックです。

《ドビュッシー 音楽と美術 印象派と象徴派のあいだで》ブリジストン美術館で10月14日まで開催中です。

*********************************************
             駒井ゆり子 オフィシャルホームページはコチラ
           クルト・パイユホームページ リニューアルオープン! 
[PR]
by komaiyuriko | 2012-09-04 21:02 | 文化・芸術