<   2011年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

科学イヴェントへGO!

突然秋になりましたね。残暑の最後の日、東京大学へ「クリスマス・レクチャー」という科学イヴェントを見に行って参りました!
d0246243_0372334.jpg

私のようなド理科音痴が何故、科学イヴェントに行ったか謎でしょう?
実は、いつもコンサートでお世話になっている牧菜さんという方は理学博士で、理科畑の人なのです。「理系なお姉さんは苦手ですか?」という本にも登場されているバリバリの理系女子。私の周りにいなかったタイプです(笑)。その彼女が大きく関わっているイヴェントがその「クリスマス・レクチャー」。有り難いことに招待状を頂いたので、「多分話の半分以上分からないんだろうな~」と思いつつ出かけました。

このレクチャー、イギリスでは180年も続いているクリスマス恒例のテレビ番組のようで、日本でも毎年夏に同じものを開催しているそうです。各分野の専門家が子供を対象にレクチャーを行うのだそう。今年のテーマは「材料科学」ですって。はい、もう落ちこぼれた(汗)。

会場は東大の安田講堂です。
d0246243_038721.jpg
この歴史的建造物に入れただけでも建築フェチの私はうれしくなっちゃう。
d0246243_0391354.jpg

さ、いよいよ開演時刻です。
d0246243_0395885.jpg
講師の方と本番前の最終チェックをしあう牧菜さん。英語で仕事をしているなんてかっけ~。

そして会場にはなんと、ウィーンのソプラノのぞちゃんの妹、みゆちゃんとその息子たち、はゆくん、みおくんの姿があるではないか!!さすが、超優秀理系カップルの子供たち。きっと小2のはゆくんの方が私より内容を理解するはずです。
d0246243_0402986.jpg

レクチャーの内容は理科嫌いの私にも大変興味深いものでした。まず楽しい実験の連続で飽きさせない、そして会場ボランティアといって、会場に来たお客さんの子供たちを実験にどんどん使い、ステージにあげるのです。観客一体型のショーのような感じ。はゆくんもボランティアに選ばれてステージに登り、マジックテープ素材についてのシーンで大活躍しました。

世の中には色々な材料、素材があるんだな、それはまた同じ素材でも大きさによって性質が違ってくるのだな、そしてそれが日進月歩の世の中を支えているんだな、と生まれて初めて気づき、感心しました。そういうこと、なーんにも考えていないからね、普段。チョコレートがお口で美味しく溶けるのは何故か、宇宙までのエスカレーターを作るとしたらどういう素材でどういう構造をしていたらいいか、なんていう夢のある話題で興味をそらせませんでした。

第1部はミクロの世界、第2部は宇宙の世界となっており、ずいぶん長いレクチャーでした。それでも集まった子供たちは真剣に聞いていた様子でした。私、大人ですが結構いい勉強になりました。ちょっと難しかったくらい(笑)。帰り際には、実験で使ったチョコレートが全員におみやげとして配られるという、にくい演出付き。
d0246243_0404829.jpg

レクチャーの1部の最後に、講師の花柄シャツの教授がまとめに話したことがあります。「現在は色々な材料が生まれている。例えば携帯電話を落として画面が割れてしまったとする、でもそれが生き物のように自然に治癒する素材、自ら修復してくれる素材ができてくる。」と。ちょっと滑稽な話に感じられて、もしそんなことが本当に起こったら怖いよ~と失笑混じりに聞いていました。すると、花柄先生は言います。「こんなことちょっと奇妙な感じがする?でもこれは本当は一番自然なことなんだよ。森をみてごらん。そこにある全てのものが傷つけば自然に治癒する能力を持っているじゃないか。森の生活のように自己修復する世界、それが目指している世界なんだ。」と。
それを聞いて私ったらなんだか感動してしまいました。

科学ってなんだか最先端すぎて私のような凡人には分からないことを研究し、そしてその研究がどんどん進んで、実際、人間の世界を本当の意味で豊かにしているのだろうか、もちろん便利にしているだろうし、その技術のおかげで命の助かる人や役に立つことがいっぱいあるだろう、でも最後は人間がその使い方を失敗したり間違ったりして地球を滅ぼすんじゃないか、と音楽畑の私は恐れてしまうのです。でも本当の最先端の研究とは自然を模倣している、自然をお手本にしているのかと思った時、涙がこぼれそうでした。こういう科学の最先端の人が、とても人間的でゲーテじゃないけど「善き行い」の為に人生をかけているんだと思うと感激でした。

話は飛びますが、私が帰国直前にバルセロナまでガウディの建築巡り旅行に行ったときのこと。
d0246243_0441471.jpg
サグラダ・ファミリアの内装はまだまだ大々的に工事中で、「よくこれで拝観料取るよな(苦笑)」というほど、内側は工事現場そのものでした。
d0246243_0444374.jpg
d0246243_0445737.jpg
つい最近、内装が完成したようですね。ガウディが求めたものも自然でした。従来の教会の建築ではあり得ない、自然を模したグロテスクな位の柱たち。そこには森の木立そのままがある、という構想だったようです。テレビで見た内装はまさにそんな感じでした。バルセロナの街に大きな、いつまでもいつまでも未完成の森があるというのは何て素敵なことでしょう。未来にはパイプオルガンや鐘が付き、その大きな森は大きな楽器になるそうです。

クリスマス・レクチャーを聞いて、そんなことを思い出しました。

私にとって大変有意義な異文化コミュニケーションを体感した一日となりました。
牧菜さん、どうもありがとう&お疲れさまでした!

*********************************************
                 クルト・パイユ オフィシャルホームページはここをクリック!
                    ~メンバーの別室ものぞいてみてくださいな~
                   麻理の部屋さよこの部屋ユリの部屋 3人の部屋                     
                       新設!≪駒井ゆり子Official Website≫
*********************************************
[PR]
by komaiyuriko | 2011-09-30 00:56 | 文化・芸術

物凄い台風でしたね。
激しい風で窓が粉々になるのではないかと思ったほど。
今日はすっかり秋っぽくなり、重たそうな曇天はパリの憂鬱を思い出させます。

さて来週、餃子の国、宇都宮へ『お料理・ボンジュール!』を歌いに行きます。ピアニスト羽石道代さんのリサイタルにお呼ばれし、賑やかしに行く次第です。
d0246243_1805481.jpg
1部は私も麻理ちゃんも大好きなリートを歌わせてもらえます(笑)。ありがとう、羽石さん!
まーちゃんはシューマンの「ミルテの花」から“ズライカの歌”と“蓮の花”、私はR.シュトラウスの「万霊節」と「献呈」。やっぱりシューマン、シュトラウス最高だ~と涙で声を震わせながらの稽古を重ねています。

「万霊節」はパリでもよく歌いました。そうそう、フランス人はシュトラウスの事が好きみたい。そういうわけで(?)歌う機会もしばしばありました。パリのコンサートの時に「万霊節」の歌詞の内容をここでお話したことがあったので今回は割愛し、ここでは「献呈」の内容をご紹介。


献呈 
詩:ヘルマン・フォン・ギルム

そう、君は知っているよね、私の愛する人。
君から遠く離れているこの苦痛を。
愛は心を病気にもするんだ。
感謝を受けてください。

かつて私は自由を満喫し、
アメジストの杯を高く掲げ、
そして君はその飲み物を祝福してくれた。
感謝を受けてください。

君は悪を追い払い、
そして今までの私ではない私は
清らかな、君の胸に飛び込んだ。
感謝を!


愛と感謝を持って語りかけるように始まり、愛の苦悩と素晴らしさを歌い、自分を変えた崇高な魂を持つ人への感謝を爆発させます。感謝を受けてください、のところで「ハーベ ダーンク!」と感動的に歌いますが、私の母は「ハーゲンダッツ!」と聞こえるらしい。がっくし。私、カツゼツ悪いかなぁ。

9月28日(水)19:15開演
栃木県総合文化センターサブホール

にて皆様のご来場をお待ちしております!

もちろん、餃子を食べて帰ること忘れないでね。
餃子を食べるなら当然「いっぷく亭」で。←ピアニストさんのご実家です。

ボーナスショット
私の大切で神聖な楽譜にイタヅラを繰り返す、まー。
d0246243_18104027.jpg


*********************************************
                 クルト・パイユ オフィシャルホームページはここをクリック!
                    ~メンバーの別室ものぞいてみてくださいな~
                   麻理の部屋さよこの部屋ユリの部屋 3人の部屋                     
                       新設!≪駒井ゆり子Official Website≫
*********************************************
[PR]
by komaiyuriko | 2011-09-22 18:10 | 文化・芸術

空海と密教美術展

先日、オペラの稽古中、ステージアシスタントをしてくれた私の高校時代の同級生、牧ちゃんが私の大好物を差し入れしてくれました!
d0246243_345944.jpg
静岡限定「しずおか茶コーラ」
この日記に登場するのももう3回目。しつこいようですが、激美味です。東京で購入できないのが歯がゆい。

大宮市民(今や区民)の私としてはこちらも飲んでおかなければ。
ついに大宮盆栽村名物「盆栽だー」を頂きました。
d0246243_351759.jpg
盆栽村とは私の実家の近くにある日本屈指の盆栽郷です。そして2010年、ついに大宮盆栽美術館が建立されたのです!今年、中学生のころからお世話になっているバッハ協会管弦楽団のマエストロと奥様、そしてクルトパまりちゃんと4人で拝観しました。静かで厳かで、素晴らしい美術館でしたよ!まだ大宮に住んでいたら年間パスポートを買っていたかも。ミュージアムグッズも、なかなか渋いのにポップでいい感じでした。大宮にお越しの際には是非。

ちなみにその盆栽とサイダーをかけたしょーもないダジャレから生まれた「盆栽だー」のお味は、甘さの少ないスッキリした味。大した特徴もありませんが、だからこそ万人受けすること間違いナシ!(褒めています。)

さ、今日は残暑ギンギンの太陽の下、上野の東京国立博物館へ『空海と密教美術展』に行って参りました!
d0246243_354470.jpg
平日の夕方、しかも閉館の1時間半前位に駆け込んだにもかかわらず大勢の方で賑わっていました。こりゃ、週末はえらい騒ぎだな。

今回の展示は、拝観者の気持ちをクレッシェンドさせる良い演出でした。ドキドキさせてワクワクさせてド~ン!という展開。これがあるからエキスポジションはやめられない(笑)。ただ、大変混み合っているので、じっくり一人占めして展示品を見ることはできません。みな展示品を見ながら動くため、人とぶつかりまくりです。「あ、すみません。」を何十回言ったことやら。

仏像マニアの私には、東寺の立体曼荼羅(仏像曼荼羅)は圧巻でした。宇宙を表すような展示も素敵でした。それから法具の数々にはうっとりしました。重要文化財の「如意輪観音菩薩坐像」は、京都広隆寺の弥勒菩薩を思わせるほど魅惑的なお姿。今回私が一番心惹かれたのは国宝「錫杖頭」。かっこいい~~。ものすごいオーラを放っていました!これを鳴らし響かせながらお歩きになる弘法大使の御姿を想像すると音が聞こえてくるようでした。

空海は20歳前に「もうお勉強しても新しいことはもう何もない。」と思い、大学をやめて修行に入ったのだそう。19歳の頃、難行苦行の末に高知県にある洞窟で三教指帰の悟りを開いた時、外に出てみるとそこには空と海だけがあった、というような空海ヴィデオを展示室で観ました。その映像を見てハッとしました。我が家に貼ってある四国巡礼街道のポスターを!(徳島でのコンサートの時に購入)
d0246243_36614.jpg

d0246243_36172.jpg
このお寺は最御崎寺といい、このシーンに使われていたお寺でした。弘法大師が開基し、ご本尊は虚空蔵菩薩のようです。
脱線しますが、このポスター素晴らしいですよね。こんなにポップで!感服です。徳島から傷つかないように持って帰るのは至難の業でした(笑)。

その後、遣唐使として2年間の留学で、密教の奥義を完全に極めて戻ってきました。「虚しく往きて実ちて帰る」という言葉を残したそうです。あぁ、私は5年間フランスにいて何を勉強してきたのだろうと一気にしょんぼりしました。でも空海と比べるなんて私ったらなんて図々しいのでしょう。私の5年間は何にも代えがたい素晴らしい経験と苦難の連続でした。「だからいいの!」と独り言ちて斜陽の上野公園を歩きました(笑)。

今日はミュージアムショップで2点購入。
1点目。写仏セット。それも大日如来。数種類ありましたがやっぱりねぇ。
d0246243_363459.jpg
写経は随分致しましたので、これからは写仏したいと思っておりました。絵心のない私にはもってこいです。でもあたくし、絵は下手でも色塗りは好きなんでござーますのよ。
ウィーンのアルベルティーナ美術館はウィーン在住のソプラノのぞちゃんに勧められてから私の大好きな美術館です。なぜならアルベルティーナのミュージアムショップは物凄く大きいから!半日潰せます。

そこでアルブレヒト・デューラーの描いた「犀」のレプリカを購入しました。当然白黒です。
参考までに。
d0246243_36534.jpg

じっと見ているとなんだかこの子が茶目っ気たっぷりのような気がしてきて、余計なことに色を付けてあげたのです。それがコチラ。
d0246243_371256.jpg
私のかわいいサイ子ちゃんになりました。

この調子で、大日如来も神々しく輝かせたいと思います。

もう1点は私の守り本尊である「虚空蔵菩薩」です。今回の展示には五大虚空蔵菩薩もいらっしゃっていました。高知県の最御崎寺もご本尊だし、ご縁を感じて購入。
d0246243_373238.jpg
一緒に写っているのは、バルセロナで購入したガウディの牛。そしてアイゲミュのみゆちゃんがプレゼントしてくれた「ナノレゴ」のフレンチブルドッグ。もとは真っ黒だったのですが、ナノレゴのパンダの白いピースを勝手に用いて、我が家の可愛い小梅ちゃんを作りました。小梅ちゃんの愛らしさには負けますが相当きゃわいくて猛烈に気に入っています。これを見たクルトパさーちゃんもナノレゴを買ったらしい。うふふ。

『空海と密教美術展』は9月25日までです。
混み合っていること覚悟でお出かけくださいまし。
でも必見です!

*********************************************
                 クルト・パイユ オフィシャルホームページはここをクリック!
                    ~メンバーの別室ものぞいてみてくださいな~
                   麻理の部屋さよこの部屋ユリの部屋 3人の部屋                     
                       新設!≪駒井ゆり子Official Website≫
*********************************************
[PR]
by komaiyuriko | 2011-09-16 03:07 | 文化・芸術

『子供と魔法』終了!

5月から地域の皆様と取り組んできたオペラ『子供と魔法』が無事終了いたしました。
燃え尽き症候群気味の今日この頃です(笑)。
d0246243_17395989.jpg
d0246243_17402253.jpg

思い出されるのは稽古初日のこと。
コーラスの皆様も我らもお互い緊張の面持ちで、この先の大きな難題ともいえるオペラ『子供と魔法』にどのように取りかかっていけばよいだろうか、どのようにコミュニケーションを取っていけばよいだろうかなどと、もやもやと考えておりました。

今考えると、そんな心配、本当に無用のものでした。案ずるより産むがやすし、素晴らしい音楽によって出会えた人たちとのつながりが難しいわけないのです。

今回2回目を迎えたミュージック・シアターですが、何よりも大切にしたい親子のコミュニケーション、他者とのコミュニケーション、地域とのコミュニケーションがこの度大きく実を結んだような実感がありました。これはラヴェルの作品によって大きくサポートされたところもありますし、麻理ちゃんの長年の夢でもあったワークショップのおかげもあって、前回の『ヘンゼルとグレーテル』に比べてより充実したものになったような気がしました。きゅっと凝縮した感じ!

私がフランスに住んでいた時のこと。
一時帰国をした際に、実家の前で自転車を修理していました。夕方になり辺りは薄暗く、工具の正しい使い方も分らずガチャガチャやっておりました。すると向かいのおじさんが通りかかり「ゆりちゃん、何やってんの?」と声をかけてくれました。「自転車のかごを付け替えてるんだけど…」というと、おじさんはすぐに家へもどり、工具箱を持ってきて、あっという間に新しい籠を取りつけてくれました。家へもどり、母に「向かいのおじちゃんが自転車直してくれたよ(笑)」というと、「じゃ、ビールでも持って行って」と冷蔵庫から何本か取り出して手渡され、そのまま向かいのおうちの庭から入り、「ビール持ってきた!」と茶の間に直接ビールを置いて一時おしゃべりをして戻りました。

それが私の街の日常で、別になんだというわけではなかったのですが、またパリに戻る飛行機の中で唐突に思い出され、泣きたくなったことがありました。それまで考えたこともありませんでしたが、小さい頃から地域と一緒に育ってきたことへのじんわりとした幸福感や感謝がノスタルジーとなって急に溢れかえったのだと思います。同様に子供のころの思い出が‐子供会で出かけたみかん狩りや町内対抗の運動会、球技大会、夏祭り等‐一気に思い出され、それらが今、血となり肉となっている自分を感じたのでした。

最近では地域の繋がりも希薄になってきて、親から歌を教わったり、近所のおばちゃんに怒られたり、雨が降ってきたら隣の家の洗濯ものを取り込んだり、そんなこと「昭和30年代の話でしょ?!」と言われる時代になってきました。

このミュージック・シアターは、そんな時代に音楽を通して「安心できる自分の居場所」、「信頼できる場所作り」をしたいと思ったのがきっかけでもありました。

2年連続でこのような大きな機会を与えて頂いて、クルト・パイユは大変幸せな音楽家だと思います。
またの機会をお待ちしております(笑)。
d0246243_17414481.jpg

パルテノンの皆様、コーラスの皆様、きゃわいい子供たち、ご来場頂いたお客様、舞台を支えて下さった大勢のスタッフの皆様、どうもありがとうございました!!!


*********************************************
                 クルト・パイユ オフィシャルホームページはここをクリック!
                    ~メンバーの別室ものぞいてみてくださいな~
                   麻理の部屋さよこの部屋ユリの部屋 3人の部屋                     
                       新設!≪駒井ゆり子Official Website≫
*********************************************
[PR]
by komaiyuriko | 2011-09-06 17:46 | オペラ