<   2010年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

寅年終了間近!

もう暮れです(笑)。いかがお過ごしですか?
年末の大掃除をし、要らないものの多さにドびっくりしているユリです。実家に送り返したろっ(内緒)。

兼ねてより楽しみにしていたゴッホ展についに行って参りました!ウィーンに住むゴッホ好きの代名詞と行ってきました。
c0182125_16203055.jpg
のぞちゃんです。

のぞちゃんのウィーンのおうちは、ゴッホとロートレックで出来ているといっても過言ではありません。オーヴェルシュールオワーズ(ゴッホ終焉の地)で、ゴッホがテオに宛てた手紙のフィルムをR.シュトラウスの「4つの最後の歌」をバックに見た時の号泣っぷりは忘れられないね、のぞちゃん、まーちゃん(涙)。思い出しただけで泣けてくるよ~。

そのゴッホ展、大変な混雑が予想されましたが、賢明な私たちは午前中からお出かけし、いきなり早めのランチで一花咲かせ、『あ、もうこんな時間、混んじゃうよ!』と言いながら走って到着。どうやらまだそんなに混んではいない様子でした。危ない、あぶない。ちなみに私たちが拝観し終わると、入口は平日にもかかわらず長蛇の列で、入場制限を行っていました。絵を見るどころか、絵を見に来た人の頭を見る始末でしょう。お気の毒…。それでもオルセー展に比べればまだいいそうです。オルセーで散々見ておいて良かった。でも日本人の西洋美術に対する関心度の高さに驚きました。なんとこちらの国立新美術館、次回エキスポジションはポンピドゥー展ですよ、奥さん!!シュールレアリスム展だって。うれしくて卒倒するわ、きっと。心臓トレーニングしとこ。

その合間を縫ってコンサートをする日々が続きました。
何といっても今年はクルト・パイユコンサートin徳島です!この件に関してはまーちゃん、さーちゃんにお任せしましょう!お楽しみに!
あ、ちなみに今年の私の徳島土産は
c0182125_16125845.jpg
すだち胡椒(乾燥タイプ)とすだちマーマーレード、鳴戸金時干しいもでしたー。去年とヴァリエーションを持たせてみました(笑)。岩撫さんと食べたすだちアイスは激美味でした。食べたほうがいいよ、みんなオニヴァだよ。

そして今年の第9は前回の伯父さんとの共演と並び、またまた思い出深いものになりました。クリスマスの日に、第9のソロの代役が入りました。場所は名古屋。さーちゃんご夫妻が来てくれました。さーちゃんが3階の一番後ろの席から野球の監督さながらに面白指示を出すのが最高でした。指揮者の先生やソリストの先生方もとても親切で愉快な方ばかりで、楽しい本番でした。是非1泊して、さーちゃん夫妻と名古屋ナイトフィーヴァーしたかったのに出来なくて残念。翌日も第9だったので断腸の思いで帰りました。

もう一つ記しておかねばならぬ第9は栃木県佐野で行われた本番。なぜってお土産が付いてきたんだもん!こんなことってある?!そのお土産とは…

佐野B級グルメ、いもフライです!
c0182125_16131971.jpg

いもの衣がモチモチで、完全にユリコ好みの食べ物です。これを2パックも持たせてくれたのです。一口目よりも2口目、2口目よりも3口目と、その味と食感の虜になってしまいました。そして名物味噌饅頭。挙句の果てには大吟醸まで。感涙です。
徳島のワイン屋さんとカフェから頂いた有難いお土産と栃木の銘酒!
c0182125_16211431.jpg

今年は良い年だったなぁ。しみじみ。

来年も愉快に生きていければいいな、と軽薄に考え中。

今年も大変お世話になりました。そしてクルト・パイユを応援して下さいまして誠にありがとうございました。今後もご期待に沿えるよう、どんどん面白舞台作りに励みます(笑)。

まずは年始一発目、
1月8日(土)15時開演 パルテノン多摩大ホール
オペラ『ヘンゼルとグレーテル』を上演します。
大人3000円、子供1000円。
c0182125_16183118.jpg

グレーテルは、まーちゃんこと田中麻理、魔女はさーちゃんこと相可佐代子、ヘンゼルはアタイだよ。あ~ぁ、3幕で魔女のさーちゃんに『ヘンゼル、早く太れー!』って言われるの嫌だな。会場中が『もう太ってるよ!』って心の中でつっこんでるもん。

そういうわけで、2011年も卯年のトシオンナ田中麻理を中心に(笑)、クルト・パイユをどうぞよろしくお願いいたします!!

『ヘンゼルとグレーテル』のチケット申し込みは、ホームページから出来ますからね、アクセスしてちょ。↓ここに載ってるからクリック、クリック~。
[PR]
by komaiyuriko | 2010-12-29 23:09 | 徒然なるままに

夢の共演~第9編~

1ヵ月半ぶりにウィーン在住ののぞちゃんに会ったら「ユリ、痩せたじゃん、ガリガリじゃん、栄養失調じゃん。」と言われた、1キロも変わっていないユリです。

世間は師走だというこの忙しい最中、チキンパーティーをしてみました(笑)。
c0182125_16223151.jpg
男2、女3のパーティーにしちゃ、肉多くない(汗)?!肉だけで2バケツ+アルファーあるけど。しかもモスの限定チキンサンドも食べたよね。

このように普段から必要以上に力をつけ、最近はコンサートに精を出しています。年末恒例の第9シーズンです。今回の第9は、2つの理由から大変思い出深いものとなりました。
c0182125_16175615.jpg

一つ目の理由は、メゾ・ソプラノのソリストをされた方が、私が初めて第9デビューした時の共演者だったのです。それがきっかけで、今でも勝手に自分の本当の先輩のような気持ちで彼女のことを眺めています。また彼女は面倒見がいいというか、大変親切でさらに楽しいお方なのです。彼女との再共演は、じんわりと喜びが胸に拡がるような思いでした。

そして2つ目の理由は、ナント!私の伯父さんとの共演でもあったのです。
c0182125_16182959.jpg

ねー、スゴイでしょ。稽古の時からなんだかワクワクして気が散っちゃう(笑)。←ダメじゃん!
うれしくてうれしくて、こんなに誉れで素敵なことってあるのね~と、始終浮っついていました。授業参観に来てくれた親を、チラチラ振り返っては手を振っちゃう小学生の気持ち。

伯父は、作曲家シュッツの作品を歌う合唱団で長い間コーラスをしていました。ドイツの超初期バロック音楽で、バッハの100年前の時代の作品で、それはそれはちょっとやそっとじゃ歌えないような曲です。今回、伯父は初めての第9だったようです。でも普段からシュッツやバッハを歌い込んでいるくらいですから、楽勝そうでした。楽しさで落ち着きのない私と余裕の伯父さんを見て、「後ろで伯父さんが掩護射撃してるわね。」と、音楽監督さんから言われました。本当に素敵な時間でした。

さてさて先日、クルトパまーちゃんのコンサートを観に行きました。
c0182125_16184951.jpg

二期会マイスタージンガーというダブルカルテットのコンサートです。演出のあるコンサートで雰囲気はとても良かったです。なかでもソプラノのまーちゃん、メゾのお姉さま、この2人が舞台を華やかに、そして何よりも大切な歌できっちりと観客を魅了し、そして『子供と魔法』でお世話になったテノールさんが全体をキュッと締めているというフォーメーションでした。

そしてまーと言えば、イスラエルです(爆)。
※パリ時代、彼女は治安の悪い時期にもかかわらず何度もイスラエルに旅行したツワモノだからです。

江古田に、日本で唯一のイスラエル料理屋さんがあると聞きつけて、パリでもマレ地区(ユダヤ人街で、おしゃれなカフェや雑貨屋、そしてファラフェル屋の宝庫)に週5で通っていた私は、週3で行ってみました!

3回目の来店の際には、オーナーから名刺まで頂きました。恐縮です。
c0182125_16194256.jpg
このお店、天上が高いので気持ちが良いです。そしてそこは空色をしています。お店の名前が「空(シャマイム)」だからだそう。インテリアも興味深いものがたくさんあります。
c0182125_1623674.jpg
これ、いいの?!といいたくなるような時計。嘆きの壁に向かって祈る所作が振り子になっています(笑)。

お料理もいいですよ~!
c0182125_16234873.jpg
定番のファラフェルとシシカバブ、そしてイスラエルワインの「ヤルデン」です。私はミントティーをがぶ飲み。だって、それにはハルバ(パリで食べたユダヤデザートで、紙粘土のような見た目と食感の美味しい食べ物)味のクッキーがついてくるのですもの。オーナーのサービスでちゃっかり1度に2枚づつもらう私。通算20枚は食べました。いいね、常連って(笑)。

お会計でも笑みがこぼれる、こちらのお店。私のイチオシでっす!

それではみなさま、ごきげんよう。
(なんのこっちゃっていう日記になっちゃった。
[PR]
by komaiyuriko | 2010-12-16 23:48 | コンサート