<   2009年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

満員御礼m(_ _)m

こんばんは、ユリです。
昨日、無事にリサイタルを終えることができました。

これほどまでに準備に時間がかかったこともなく、これほどまでのプレッシャーを感じたこともなく、そしてこれほどまでに多くの皆さまの愛情を実感したこともありませんでした。会場に駆けつけてくださった多くの方々、そして会場にはいらっしゃれなくても気にかけて下さった方々、心からお礼申し上げます。ありがとうございました。

想像もしていなかったことですが、なんと前売り券は完売で、数日前に声をかけてくださった方や、せっかく会場に足を運んでくださったのにもかかわらず入場できなかった方がいらっしゃいました。この場を借りて、お詫び申し上げます。私の全体把握能力のなさや至らなさを痛感いたしました。大変申し訳ございませんでした。

終わってみればまったく一瞬の出来事でよく覚えていないというのが本当のところです。そこを何とか思い返すと、こうすれば良かった、ああすればよかったの連続で自分にがっかりする今日この頃です。が、よく考えれば所詮私なのです。そう思うといい意味で諦めもつきます。
だってヘタレで有名なユリだもん。こんなもんですわ、きっと。

それでもお客様の楽しかった、爆笑のリサイタルだった、満足して帰ったとの声やメッセージ、そして今も耳に残る会場の笑い声を思いだすと、少しは救われます。フランス音楽に夢中になり、少しでも多くの方にこの芸術の素晴らしさを共有していただきたいと思い企画構成したリサイタルでした。共感していただけたとしたら幸いです。

長い間私の近くにいてずっと支えてくれた素晴らしい共演者(チームgo life)のまいちゃん、奏恵ちゃん、アーツさん、裏方に徹してくれたクルトパ麻理ちゃん、クラリネットたっちゃん、本当にありがとうございました。いつか恩返しができるといいのだけど。

c0182125_22281913.jpg
ラヴェル「博物誌」
c0182125_22291813.jpg
富田&ユッピ 「あたし、モンテカルロに行くわ。」「は?!」
c0182125_2230111.jpg
ルーレットはきれいなおもちゃ
c0182125_22303864.jpg
モンテカルロの海に身投げをするユッピ
c0182125_22312614.jpg
ピアノの留学中にカフェでバイトをするマイコのいるカフェ
c0182125_22322133.jpg

最終的に男になるユッピ

どんなリサイタルやねん!
[PR]
by komaiyuriko | 2009-05-19 00:09 | コンサート

こんにちは、ユリです。
本日、東京文化会館でリサイタルのG.P.をしてまいりました。

こうして稽古をしながら毎日を過ごしていますと、私はなんて素晴らしい人々に囲まれているのだろうとつくづく感じます。共演者の3名 ; 奏恵ちゃん、まいちゃんという私にとってそれはそれは大切なピアニストのお二人、そして毎回稽古場を底抜けの明るさで盛り上げてくれるアーツさん、さらに照明や裏方全般を担当してくれる麻理ちゃんとたっちゃん、そして今回のホールであります東京文化会館のスタッフの方々然り。

文化会館の方々には、私のあらゆる我儘を聞いていただき、その上ご親切に手を尽くして頂き、毎回感涙の嗚咽をこらえるのが難しい位です。この1か月、上野に足を向けて眠ったことはございません。ホントにありがたいの一言です。

このように温かく、ユーモアのある多くの人に支えられ、やっと今日まで来たんだなと感じています。

音楽という辛く厳しい孤独の道を歩みながら、同じく音楽というこれ以上ない崇高な天上の世界の光を垣間見、それを求めて私は今まで生きてきました。そして同じように光を求めて辛い道を歩んでいるこれらの美しい人々に今出会っているのだと強く感じています。この人たちとの出会いは私の財産なのだ、と。

そう思いながら帰宅すると、家賃を払うのをすっかり忘れていたドアホな私のもとに督促状が来ていました。しかも2か月分…。そういえば、今まで一度も払ってなかったなぁ。
家賃もこの財産で支払いたいと思います。

c0182125_1141381.jpg
アラサーの全員で記念撮影。我が青春に悔いなしの一枚。
[PR]
by komaiyuriko | 2009-05-15 01:30 | コンサート

稽古場便り

こんにちは、ユリです。
最近暖かくなってきましたね。上着なしで出かける身軽さに日々痛快さを覚えています。

さてさてゴールデンウィークもたけなわですが、私は稽古の真っただ中。毎日スタジオにこもり、ピアニストのクルトパまいちゃんと俳優のアーツさんと楽しく稽古に励んでおります。

c0182125_1513206.jpg
稽古前の発声練習~。

と言うのは、ついに来週に差し迫りました私のリサイタルの第2部が、オリジナル・オペレッタだからなのです。一般的なリサイタルならば、ピアニストと何度も稽古をすればそれで良いわけですが、ついついいつもの悪い癖がでて“何か楽しいことができないだろうか”、と考えてしまったのが運の尽き。オリジナルの2人芝居オペレッタを作ろうとイタズラ心に火がついたのは良かったのですが、台本を作る所から、そのあとの演出プラン、その先にある照明プランと大変な苦労を背負う羽目に陥ったのです。でも相方のアーツさんのご協力と、いつもピアノを弾くだけでは終わらない(意味深?!)まいちゃん、そして今や照明作家と呼んでも良いくらいのクルトパ麻理ちゃん、これら3人の方たちの絶大なるご尽力によって、ようやく形になってきました。

≪(フランスでは)もはや歌を歌うだけのリサイタルの時代は終わった!≫と言われています。今回、それを実践しますっ!!

オリジナル・オペレッタの振り出しは・・・
自由で奔放な女、通称ユッピ(ユリ)は、つい最近男に壮絶にふられたばかり。ユッピはいつも嫌なことがあると愚痴を聞いてもらうために富田(アーツさん)を呼び出します。が、実は彼、長い間ユッピに想いを寄せています。しかし小心者のため今まで何も言えず仕舞い。今や都合のよい男と成り下がっています。ユッピは今回の痛手を富田に聞かせますが、もう失うものは何もなくなったと実感し、突然モンテカルロの大カジノへと人生を賭ける旅に出ることを決意し旅立ちます。さて、男・富田、どうする~?!舞台はモンテカルロへと移り、様々な出来事が起こり、2人の状況は変わり、ついに彼らは結ばれるのか、否か?!好ご期待!!

c0182125_15165868.jpg
オペレッタの冒頭部分。
c0182125_15173044.jpg
どうなの?この顔(笑)?!

フランス音楽の珠玉の名曲を、このオペレッタに乗せて歌います。

5月17日(日)東京文化会館、14時開演です。

午前中に上野に着いて、文化会館向かいの国立西洋美術館でルーブル美術展を観て、その後14時に文化に戻りリサイタルを聴く、という“お仏蘭西な1日”を皆様に提案いたします。もしくは、同じく午前中に上野に着いて、東京国立博物館(文化から徒歩5分)の阿修羅展を観てから戻るというのもオススメです。そんなこと言ったら同じく午前中に着いて、文化から徒歩3分の国立科学博物館で大恐竜展を観てから文化に戻ってきて下さっても楽しいと思います。

さっすが、文化と教養の街、上野。
私は休みの日になると上野へ出かけ、心に栄養を与えに行きます。お勧めですよ。

あ、くれぐれもリサイタルの時間までには戻ってきて下さいね(汗)。

それではー!
[PR]
by komaiyuriko | 2009-05-08 15:40