<   2009年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

こんにちは、ユリです。

桜もようやく咲き始めましたね。明日楽日となる東京オペラの森に参加しています。今年の演目はハイドンのオラトリオ『天地創造』です。ハイドンと言えば古典派を代表する作曲家ですが、私の印象では古典派でも前期古典派的な感覚でした。今回『天地創造』をきちんと勉強してみて、ハイドンの和声感にロマン派、もしくは後期ロマン派的な響きをほんの少しですが垣間見、驚愕を隠しきれない今日この頃です(ハイドンの交響曲『驚愕』にかけているわけではないですよ。あ、このシンフォニーはいかにも古典派ですけれどもね!)。
音楽とは常に新しい発見に満ち溢れています。

東京オペラの森とは、上野の東京文化会館で行われています。上野公園の桜がどんな状態か公演が終わったのち、友人と散歩しながら見て帰ることにしました。まだまだ2,3分咲きですが、さすが上野公園です。多くの人が夜桜見物をしていました。シートを広げ、たくさんのお料理やお酒と共に!しかしながら時期尚早な感じは否めません。ライティングがまだ施されていないのです。来週の週末辺りはきっと賑わっているでしょうね。

そのクラシックの殿堂、東京文化会館でな・なんと、リサイタルをすることになりましたー!!!

東京文化会館共催『駒井ゆり子ソプラノ・リサイタル
~Matineé de Musique Française~』


c0182125_2241476.jpg


オール・フランス・プログラムですっ。←アヴェック気合い。
一部はラヴェルの『博物誌』を全曲。二部はショーソン、プーランク、シャブリエ、オッフェンバック、グノーの代表作を演奏いたします。それらの曲をアリアのように見立て、オリジナル・オペレッタとして仕上げました。

共にこのオペレッタを演じて下さるのは、役者の梅里アーツさんです。先日、彼の一人芝居を観に行き、大変感激したところです。このような素晴らしい役者さんと共演できるのは、私にとっても大きな喜びですし、お客様にとっても今までのクラシックコンサートにはなかった新しい愉しみとなることは間違いありません。

ピアニストも豪華版。1部のピアノを弾いて下さるのは、パリでのリサイタルを大成功させたばかりの遠藤奏恵さん、2部はクルト・パイユの我らが梅田麻衣子さんです!

日時は2009年5月17日(日)14時開演。上野の森が新緑に輝き、一番美しい季節だろうと思い、この日を選びました。大学時代、フランス文学に衝撃を受け、フランス音楽に傾倒し、そしてフランスへ留学。そこで学んできたものをこの日、皆さまにお伝えできたらと思います。フランス音楽の薫り高さ、伝統を重んじながらも新しいものをうまく融合させていくフランス文化のそのエスプリや叡智。これらのかけらでもお客様に感じて頂けるようなリサイタルにしたいと思っております。

チケットのご予約は、

お電話の場合・・・
二期会チケットセンター(03-3796-1831)、東京文化会館チケットサービス(03-5685-0650)で取り扱っています。

インターネットでの場合・・・
クルト・パイユ公式サイトにチケット購入フォームがございます。

メールでの場合・・・
Musique.alaise@gmail.comにお名前とご住所、チケット枚数をご記入の上、送信ください。

一般券(全席自由)は3000円です。高校生以下は2500円になります。学生券の取扱いはミュジーク・ア・レーズ(048-642-0178)、またはメール、クルト・パイユホームページでの取扱いになります。

ユリの本気を(いつも本気)ご覧下さいませ。
美しい五月に上野の森でお会いできることを心から楽しみにしております。
[PR]
by komaiyuriko | 2009-03-30 22:37 | コンサート

第3回戸田音楽祭

おこんばんは、ユリです。
さて、日本に帰ってまいりました。まだまだ時差ボケの真っただ中ですが、先日第9の本番がありました。それも今回は共演者をご覧くださいましっ!
c0182125_12572820.jpg
ソプラノは僭越ながら私、メッツォは相可佐代子(!)、テノールは安冨泰一郎(!!)です!バスは私の身近にいる尊敬すべき先輩、小野和彦さんです。そしてオーケストラと合唱は戸田交響楽団&戸田の合唱団の皆さん。私は埼玉県出身で、この戸田市は私の住んでいる街の隣の隣くらい(いい加減)に位置する市になります。言わばご近所さん。

なんて楽しそうな第9でしょう!帰国前からワクワクしておりました。
リハーサルは当日に1回きりなので、こんなに楽しい第9なのにリハと本番合わせて2回しか一緒に音楽できないのが本当に残念です。なんなら週1ペースでお願いしたいくらい。

戸田交響楽団は1975年に結成され、第9はなんと25年ぶりだそうです。こんなに長い間、地道な練習を通して多くの定期公演を重ねてきた市民オーケストラがあるでしょうか?!しかもアマチュアオーケストラとは思えないほど質が高く、正直驚きました。定期公演のプログラミングも実にユニークです。リハーサルの最中、座って(ソリストはとにかく歌う場所が少ないので!)合唱とオケを聴いている間、こういうオーケストラと共に地域に根差して音楽活動をしていくというのは何て素晴らしいことだろう、音楽文化を通して世代を超えた人々とのコミュニケーションを大切に紡いでいくというのは何て素敵なことだろう、などと考えていました。一人では無力な自分でありながら、崇高な芸術の力によって何か出来ることがあるとしたら、きっとこういうことなのかなとつくづく感じていました。

さて今回のこの第9は去年の7月から始まっている第3回戸田音楽祭の山場としてプログラミングされていました。戸田市民の気合を感じます!私たちも気合い十分!さーちゃんなんかリハーサルが終わった楽屋で“気合い”で有名なアニマル浜口の真似をしてしまうくらいでした。本番前に爆笑させないで。今も思い出し笑い、というか本当に思い出し爆笑出来るほどです。

本番は、オーケストラ、合唱団、マエストロ、ソリスト、聴衆の、会場が一体となる感覚で感動的に幕を下ろしました。今回はマエストロの意向でソリストも合唱の部分を2箇所追加で歌うこととなりました。私は第9の合唱ほど歌った回数の多い合唱曲はありません。合唱のソプラノさんって大変なんですよねー。全曲を通して100%本気で歌ったら間違いなく貧血で倒れます、というようなソプラノ殺しの第9ですが、今回は歌う部分が少ないので200%本気で歌わせていただきました。あー、楽しかった!超満員の会場も大いに盛り上がった様子。
c0182125_12584882.jpg
c0182125_12583936.jpg

終演後、楽屋にてパリチームで記念撮影。撮ってくれたのは同じくパリチームのクラリネッティストたっちゃん。お花を持って駆けつけてくれました(涙)。
c0182125_12592197.jpg

レセプションを経て、我が御親戚様一向が集まっているというところへ私も向かいました。さーちゃんは残念ながら新幹線の時間の都合で先に帰ってしまいました。でも泰ちゃんも小野さんも一緒に来てくれました!私が歌う度にいらして下さる伯父伯母にも感謝です。いつもありがとうね、おじちゃん、と言うと『これに託けて飲みに来てるんだからいいんだよ!』だって!有難いことです。今回は遠縁でもある泰ちゃんもいたので、伯父さんたちも喜んで昔話を聞かせてくれました。
c0182125_1302155.jpg

第9と言えどもソロの部分をカルテットとして質の高いアンサンブルでやりたいというのが私の希望でした。それぞれの強者が集まってそれぞれが声自慢をするのはアンサンブルではありません。今回は本当に気のおけないメンバーでお互いを感じ合って、役割を心得てアンサンブルできたのが本当にうれしかったです。音楽祭を支えてきた皆さま、大所帯の合唱団をまとめてきた方々、本当にご苦労様でした。どうもありがとうございました!

戸田音楽祭、万歳!!
[PR]
by komaiyuriko | 2009-03-06 13:00