カテゴリ:The 入院( 6 )

救世主ベッツ君、現る!

こんばんは、今月もずーっと自宅療養中のユリです。
入院の時と変わらず、友人が我が家に来てくれるのだけが楽しみな今日この頃。先日から隣のスーパーまで買い物に行けるようになりました。今日はなんと近くの図書館までお散歩してみました。本を3冊も背負っての帰宅に成功。また自信がつきました。気がつくと世の中は冬になっていたのですね。軽装で出てしまい、帰りに近くのお店で首巻き付き帽子を購入しました。秋と初冬を肌で感じぬまま、いきなり真冬に突入のようです。

さて、おうちにいても体をかがめないというのはなかなか不便なものです。そこで、こんなものがあったらなーという理想のグッズが私の頭の中でふくらみはじめました。ナントその産物を病院帰りの100均で発見!即買いしました。え、何をかって?!

ジャジャーン!
c0182125_1271039.jpg
通称マジック・ハンドー!

                 手のグリップによってこんなに自由に
c0182125_144566.jpg
                    開いたり、
c0182125_1451983.jpg
                    閉じたりします。

しかも先端には滑り止め付き。100円とは思えない配慮です。思いやりです。優しさです。
c0182125_1531413.jpg


このマジック・ハンドを買ってホクホクしながら家に戻ると、12月6日の麻理ちゃんコンサートの練習を麻理ちゃんとタカシ君がしていました。ピンポンを押すとタカシ君が「いらっしゃい、どうぞあがって!」とお出迎え。2人にこのマジック・ハンドを見せびらかし、手当たりし次第掴んでみせました。得意満面。するとあまりの性能の良さに、稽古する二人を掴みたくて掴みたくて仕方ない衝動に駆られました。真剣な2人にうざがられながら私だけ愉快に過ごしました(笑)。麻理ちゃんはこのマジック・ハンドに名前をつけようと提案。紆余曲折ありましたがベッツに決定。細目につきましては、取っ手→poignee(フランス語でポワニェ)→Poignarder(語感が似ているとい理由でポワニャルデ:突き刺す)→La colombe poignardee(「3つの鳥の歌」の中の1曲目:ラ・コロンブ・ポワニャルデ)→Beydts(その曲の作曲者のベッツ)という運び。どうでもいいけど。

本来はかがめないので下にあるもののために、と購入したのですが、高いものを取るのも得意です。ほら。
c0182125_1245378.jpg

こんなことにも使えます。超便利!
c0182125_15053.jpg
そんなに上を持たなくてもカーテンは引けます、ということをうっかり忘れてしまうほど。

こちらは私の可愛いルームシューズ。我が家は夏は暑く、冬は寒い板橋盆地に立地しているので、こういうものが必要不可欠。床にあってもパッと取れるので簡単に暖が取れます。
c0182125_1511637.jpg

スゴイところは、ベッツの手伝いによって履けてしまうところ!
c0182125_1513287.jpg
靴下を履くなんて想像しただけで痛くてできない!と夏から思い続けてきましたが、ベッツがいればもう大丈夫。

あまりに高性能なので細かいものまで簡単につかめます。
c0182125_1523188.jpg
ほらね。練習中、飛んで行ってしまった鉛筆も難なくクリアの図。

楽譜を本棚から取り出すのがこれまた一苦労でした。それがこんなに楽チン。
ラヴェルの歌曲集を取ってみましょう。
c0182125_1391261.jpg
余裕。歌曲集は多分どれも余裕です。オペラはどうでしょう。薄いものから。

c0182125_1281014.jpg
子供と魔法。余裕。じゃ、版の大きいプーランクはどうでしょう?

c0182125_1393548.jpg
超余裕。

では重そうなファウスト。
c0182125_1395233.jpg
難なく。

それならもっと重いカルメン!
c0182125_1294523.jpg
パ・ドゥ・プロブレーム(問題ナーシ)!!!

じゃ、最高にぶ厚いフィガロはどうでしょう。
c0182125_130212.jpg
無理。

モーツァルトは不可、という結果を報告いたします、先生。

こんなふうにくだらないことをして自宅で静かに笑う病人。ホラーです。この生活、いつまで続くのでしょう(嘆息)。お医者様曰く、「せめて1月までは出歩かないで!」。でも所詮、無理な話ですけれどね、ははは。

今はこのベッツが床に落ちたらどうしよう、と考えるだけで夜も眠れません。困ったなー。
ハッ!ベッツを取るためのベッツを買えばいいのか!ボニデ。
安心した。おやすみなさーい!
[PR]
by komaiyuriko | 2009-11-20 22:43 | The 入院

さてさてついに4人部屋に移動です。移動になってすぐにまいちゃんがまいちゃんお母さんといらして下さいました。まいちゃんはその後ピアノデュオを組んでいる三花ちゃんとも来てくれました。あずきペプシや私の好物であるHARIBOを持って(笑)。
c0182125_2255947.jpg

暇な入院生活、誰かが来てくれることの喜びはわっからないだろうな~!

またある日は、のぞちゃんがウィーンに戻る前日に訪ねてきてくれました。
c0182125_18304813.jpg
素敵なプレゼントを携えて。
まったくのぞちゃんは私の知的好奇心を存分に満たしてくれます(笑)!
c0182125_18312073.jpg


そしてまたある時はピアノのさおりんがやってきてくれました。そしてまーちゃん、さーちゃんがスクールで一緒だという今や売れっ子メゾ・ソプラノの星野ねーさんを連れてきてくれました!星野ねーさんは私のオペラ研修所の同期生。なんともうれしい再会でした。研修所時代の話に花が咲きました。6人しかいないクラスでした。私の記憶が確かなら毎回ほとんど遊んでいたような…。
c0182125_18314144.jpg
この写真のコンセプトが分からん(汗)!

またまたある時は、国民的みんなの弟が焼き鳥弁当を持ってきてくれました。ナイス!
c0182125_1832102.jpg
この日は午前中にさーちゃんとまーちゃんと築地に行ったようでした。前々回のさーちゃんの日記参照。自分たちだけでなく、私にも食べさせたいとのこのお気持ち…。
そりゃー、夕日も滲んでみえるわーなー。

そして手術後初めてシャンプーをしてもらった爽快度120%の記念すべき日に、この方が現れました。
c0182125_18433344.jpg
まーちゃんのコンサートソムリエの高史君です。来月6日、またまーちゃんと高史君のコンサートがありますから好ご期待!詳しくはまーちゃん、日記書いてー(笑)。

彼はメイクアップアーティストの亮太とあっひーを連れて来てくれました。間もなくジュエリーデザイナーの加山君、パリから帰って来たばかりのチェルシー友達、陽子が合流。
c0182125_1834035.jpg

最高に楽しい時間でした。笑いすぎて腰が痛い、どころか喉が痛い。回診の先生が来たら喉の調子が…って言わなきゃ。
c0182125_18353273.jpg


その他にもお部屋を訪ねてきて下さった多くの方々に感謝いたします。誕生日ケーキを持って来てくれた幼馴染のゆうちゃん&日菜ちゃん、大量のお水を持って来てくれた付属時代の蓮見先輩、同じく付属の友人ふーちゃん、ソプラノのたけちゃん、ご近所の森田さん、仕事の合間を縫っておせんべ片手に来てくれたお兄ちゃん、車で東京デビューを果たした稲垣さん&あきちゃん、メシアンの素晴らしい楽譜をプレゼントしてくれたひろくん。楽しい時間は痛みを忘れ、体に陽気な空気が入って来ました。こういう雰囲気や言葉が、患者さんを助ける大きな要素の一つなのだなと実感しました。そして多くの方々からのメッセージにも勇気づけられました。

ついに退院の日です。回診の先生方に「おさみしゅうございます。」と全身全霊でお伝えしました。そしてこの日は、お風呂に入ることも許可されました。前回、手術の前日に入ったお風呂は泌尿器科のお風呂でした。腰の悪い私には入りづらいことこの上なし!でもさすが整形外科のお風呂です。広くてバリアフリー。背の高い椅子もあります。素敵な入浴時間を過ごしました。最高!そして部屋へ戻ると最後のご飯が机に用意されていました。ねぇ、これって温泉旅館じゃん。ますます帰りたくないわ。

手術の日は私の誕生日でもありました。私は帝王切開だったのでお昼の2時頃に生まれたそうです。今回、手術を終えて部屋に戻ったのもちょうどこの頃でした。前回は生まれたてで言葉をまだ知りませんでした。今回は早くも言葉を知っています。この1ヶ月ほど、両親や友人の有難さを身に染みて感じたことはありませんでした。大変な思いをして産んでくれた母と家族、そして今まで私と出会い、支えて下さった全ての方にお礼申し上げます。ありがとうございました。

楽しく愉快で暖かい先生方、素敵な同部屋のおばちゃんたち、どこまでも優しい看護師さん。この新しい出会いにも感謝します。人生の岐路でいつも私は善良で素晴らしい人々に出会い、導かれて今まで生きてきました。今回もこの生まれ変わりに際して多くの人と出会い、多くのことを学びました。忘れ難い素晴らしい経験でした。

お決まりは、入院生活最後のご飯。回鍋肉定食でした~(笑)。
c0182125_2251732.jpg


ちなみに入院時と退院時に身長と体重を測ります。間食しないし、規則正しい生活だから痩せること間違いナシ!マイナス3キロを予測。さて結果は?

500g増。なんで(怒)?!?!
[PR]
by komaiyuriko | 2009-11-03 19:42 | The 入院

こんにちはー。先日、無事退院いたしましたユリです。

思えば楽しい入院生活でした(しみじみ)。毎日、音楽を聴きながら本を好きなだけ読み、グダグダとTVやDVDを見て、美味しいご飯は時報のように正確に運ばれてくる。周りを見れば、お話好きな同部屋のおばちゃん、優しく親切な看護師さん、楽しく愉快なホスト達(整形外科の先生方)。最高じゃない?!その上、毎日大好きな仲間がお菓子を持って会いに来てくれる。そろそろここに家賃を払って住みつこうかな、という気分でした。

さてさてヴァカンス(=入院)生活を振り返ってみましょう。
手術前日、個室に移動になりました。場所はナースステーションの目の前。
早速、クルトパまいちゃんが遊びに来てくれました。
c0182125_1745278.jpg

私の部屋の名札がトリコロールになってるよ!と喜ぶまいちゃん。これはまさにフランス国旗ではあるまいか!と記念撮影。
c0182125_1751415.jpg


その日の夕方、先生から手術の詳しい説明があるということなので、両親とクルトパまーちゃんが駆けつけてくれました。一番最初にこの病院の外来に紹介状を持って来た時にもまーちゃんがついて来てくれました。診察室でゴニョゴニョ言う私の代わりに全ての症状と今後の予定と希望を話し、最終的には先生も私ではなくまーちゃんに詳しい説明をしていたあの日から早2ヶ月。彼女は今日も的を得た質問を投げかけ、母も「まりちゃんはまるで保護者だねー。」と言っていました(笑)。説明会は和やかに、というより爆笑のうちに終わり、部屋に戻ると国民的みんなの弟たっちゃん(このネーミング、気に入っている!)とバリトンひろくんが来てくれていました!

とても楽しく、翌日への不安も感じる暇もなくこの日も眠りに就きました。
c0182125_1753111.jpg


迎えた手術の日。手術は3時間半ほどで無事終了。個室に戻り目が覚めると両親と先生、まーちゃんとさーちゃんがいました。手術後まだ30分以内のサービスショット(爆)。
c0182125_1843125.jpg
手に握らされているナースコールにも気づかずピース。

この日はさすがに辛かった!一日中いてくれた母が帰りの支度をするのがとても嫌だったのを覚えています。また夜の長いこと。麻酔効果のあるウィーンのソプラノのぞちゃんのCD(「おうたの森」というCDで、子供のための物語風おうたのCD。)を聴きながら過ごしました。その中に『♪空に字を書きました。「か」と書きました。母さん早く来いー!』という歌があります。私も長い夜の間ずっと心の中でその曲を歌っていました。困った時にはいつになってもやっぱり「おかーさ~ん(涙)!」なんだな、と実感する私。

早朝、看護師さんが来て私の様子を見るや否や、「元気そうだから、多分先生が回ってきたら体を拭いてパジャマに着替えてもいいはずだよ!」と言われました。その言葉を聞いた途端、目の前が明るく開けた感じがしました。あの感覚は忘れられません。地獄の季節に突然美しい光線が一筋現れ、あっという間に春になっちゃった、みたいな。それまでは体中に7,8本のチューブが付いていました。足にはエコノミー症候群対策のマッサージチューブ、点滴も2,3本、血液を体内から出すチューブ、カテーテル等。痛みとそれらによる不快度指数2000%。それらを取ってもらった時の爽快感といったら!CMが撮れそうでした。

本来は、手術日当日は寝返りを看護師さんの補助付きで、翌日は自力で寝返り、というスケジュールでした。が、あまりの辛さに手術後間もなく自力寝返りを連発(後ほど看護師さんに怒られました)。そして翌日には歩き始めました。
c0182125_1833846.jpg
心配して来てくれたまーちゃんもビックリの記念写真。


看護師さんや先生方は、私の回復力を褒め称えてくれます。ユリもおだてりゃ木に登るってな具合でどんどん良くなる私でした。手術後間もなく、体内酸素量98%をマークし続け、翌日100%をたたき出した時には看護師さんが失笑しながらその数字を見せてくれました。熱が下がらない時も、熱が上がらないだけスゴイ!とか、顔色が良いとか、何かにつけて数え切れないほど看護師さんは部屋にやって来ては励ましてくれました。

言葉の持つパワーの強さを感じました。
まだまだ麻酔が完全に切れず、言いたいことの10分の1位しか話せなかった頃でしたが、先生方や看護師さんとの会話ではよく笑いました。
[PR]
by komaiyuriko | 2009-11-02 18:05 | The 入院

外出許可

さて、入院して間もないある日、外出許可が出ましたー!パチパチパチー。
クルトパ日記、度々出場のアクセサリーデザイナーの加山君とチェルシーカフェ時代の友人、紀子の3人でランチをすることに。場所は私と紀子が得意な池袋に決定。すると今日は池袋のシンボル、ふくろうにちなんだ“ふくろ祭り”が開催されていました。それと同時に東京よさこい祭りが開催。ものすごい賑わいでした。

c0182125_15425310.jpg

祭りは最高潮に盛り上がり、熱気を帯びていました。じゃ、私たちもホットなものでも食べようよとインドカレー屋さんへGO!激安&激狭でした。でも美味しかった!その後、カフェへ移り、
そーね、ざっと3時間以上は喋り倒したかしら。楽しい時間はあっという間です。
c0182125_15434329.jpg

階段やちょっとした段差では加山君がさっと手を貸してくれます。
さすがシュヴァリエ(騎士)。“これじゃ、まるでお姫様みたいじゃなーい!”と「宝石の歌」のワンフレーズを思い出させます。紀子は池袋マスターなので、できるだけ階段のない回り道などを考えてくれました。私、VIPね。

その後2人と別れましたが、私にはこの外出許可を満喫する最後のプロジェクトが残っています。それは映画観賞!!観たかった映画は『ヴィヨンの妻』。私の愛する太宰の原作に、これまた私の大好きな俳優さん、浅野忠信と松たか子、そして妻夫木君が三人そろって出演してるって言うじゃない!そりゃー、モントリオールで監督も賞獲るわ。絶対に観に行くと心に決めていましたが、上映期間が10月10日から映画館によっては6日ほどととても短いのです。私、上映前に入院だから行けないじゃーん!!と一人パニックを起こしていました。
そこで出たこの外出許可。瓢箪から駒井ですよ、ホント!

c0182125_15441080.jpg

映像も美しい、俳優さんたちも素晴らしい、印象的な言葉も多く、良い映画でした。俳優陣に助けられている映画だなという印象はありますが。映画が終わってもすぐには立ち上がれない、途方に暮れる愛の物語です。キャッチコピーは「愛など信じたらすべてが消えてしまうと男は恐れている。全てを失った後に残るのが愛だと女は知っている。」。映画を集約した素晴らしいキャッチです。そして遥か遠くを呆然と見つめ、長い間イスから立ち上がれないのは、ヘルニアのせいだとようやく気づく私なのでありました。

あ、本当にいい映画でしたからね。美しい映画だった!ぜひ(笑)。
c0182125_15442686.jpg

[PR]
by komaiyuriko | 2009-10-14 16:41 | The 入院

ヤドカリ生活

こんにちは、ユリです。
強力な台風18号が東京を通り過ぎ、その暴風は街角に宿り始めていた金木犀の香りを膨大な銀杏の葉と共に街中に振りまきました。それは夜になっても大気を薫らせている。なんて素敵な香り。私の誕生日が近付くとこの香りが鼻をくすぐります。

その翌日から何とお引っ越しをしました!10月いっぱいはこちらに宿を移します。
落ち着いたいい感じの部屋でしょ?場所は…

c0182125_21293796.jpg
日大板橋病院(笑)。

c0182125_2130261.jpg
小児科病棟。うっそ。

ついに椎間板ヘルニアの手術をすることになりました。足に麻痺があるので準緊急患者らしいです。ははは。どうりで痛いと思いました(笑)。我慢強く、苦境に対して忍耐強いのが取り得の私ですから、見事に立派なヘルニア君を育て上げてしまいました。

思い起こせば今年の夏は辛かったなぁ。池袋・芸術劇場でのオルガンコンサートの時が痛みのピークでした。立つ、歩くができない時期でした。まるで美味しくて手が止まらないと言わんばかりに痛み止めをパカパカ飲んで挑んだコンサート。それでも今は、興味深いオルガニストさん、お話をするのがとても楽しかった芸劇の担当の方々、そして素敵な楽屋しか思い出せません(笑)。私って根っからのポジ子なのね。入院初日に書くアンケートに精神的な部分に対する質問があります。痛みで人に対してイライラしますか、とか、疲れ果てたと感じますか、自分の病気は良くなると思いますか、等。私がチェックした項目はココ。
『ほとんどいつも楽しい気分だった』

さて、記念すべき入院第1食目はコチラ!
c0182125_21302471.jpg
ラーメン・えびチリ定食~。
意外です。こういうものが出るのですね。この病院、期待できそうです(笑)。
ちなみに夜はサンマ定食の予定。

これからはこんな感じで気まぐれに入院生活日記をお届けします。
では皆様、新型インフルエンザにはお気を付けあそばせっ。
[PR]
by komaiyuriko | 2009-10-09 09:30 | The 入院

ムッシュ・ドゥースモン

c0182125_15335241.jpg
部屋からの風景。朝6時頃の写真。

それにしても病院の先生というのはえらいものですね。
痛みで意識が朦朧としている中、主治医の先生を見ただけで「助かった~。」と思ってしまうのですから。

入院していると、主治医の先生以外にも大勢の先生方が回診にいらっしゃいます。整形外科の先生方は比較的若く、イケメン揃い(先生方のご自身談)。トークもその辺のホストに負けないくらい軽妙にこなします。でも私の主治医の先生は一味違います。落ち着いていて、優しげで余計なことは言いません。もちろんイケメンです。もちろんの意味も分かりませんが(なんか感化されたな)。手術をしてくださるのもこの先生。なんだかホストクラブに来た感の後に、主治医の先生がお一人で病室を訪ねて下さるとほっとします。私の中での通称、ドゥースモン先生。

さて私は今、泌尿器科・皮膚科病棟にいます。整形外科が混んでいるためです。でもホストによると、今日はいっぱい退院したからそろそろ空く、そうです。今は大部屋で6人居ます。年齢層は高め。孫みたいだといって可愛がっていただいております。心の中では孫という年齢ではないのですが…と冷や汗をかきつつも、えへへと孫ぶる私。期待に応えたい、というか調子がいいのね、私って。ムッシュ・ドゥースモンに具合はどうですかと聞かれると、ついつい気を使って「おかげさまで、すこぶる調子が良いです。むしろ治った!」などと言ってしまいます。本当の病状を発表することが今後の課題です。

大部屋のおばちゃんたちは随分親切にしてくれます。テレビの使い方やお風呂の情報、生活の仕方など細かく教えてくださいます。その他、漬物をくれたり、芋ようかんをくれたり、みかんをくれたり、お団子をくれたり、カレーパンをくれたり。そのうち「餌を与えないでください。」と看板が立ちそうです。でもこういう関係も素敵だなと感じます。私の大好きなご近所付き合いみたいな感じで、お互いのことを気に掛け合って、助け合って、あまり中に入りすぎないようにする。この微妙な相互関係が私はとてもいいなと思っています。色々お話をしていると病気のことや家族のこと、出身地の話の中にその人の人生が見え隠れします。いろいろな人生があるのだなとつくづく感じます。

私の人生って一体どんなものだろ??
思索に耽るには良い環境。時間だけは山のようにありますから。
c0182125_15352347.jpg

せっかく仲良くなれたので、整形外科にお引っ越しせず、手術までこの部屋にいたいなぁと感じてしまう今日この頃。袖振り合うも他生の縁、というくらいですからね。

ユリでした。

※Doucement(フランス語:ドゥースモン):子供がバタバタ乱暴に走ったりすると、親がドゥースモン!とたしなめたりします。丁寧に、優しく、物静かに、大切に、ゆっくりと、みたいなニュアンスです。パリの家の近くにあるスーパーに、どんなに忙しくても、どんなにお客の女性たちが意味不明のヒステリーを起こしていても、決して声を荒げず、物静かで優しげな対応を忘れないレジのお兄さんがいました。ドゥースモン兄さんと呼んで、いつもその列に並んだのを思い出します(笑)。
[PR]
by komaiyuriko | 2009-10-08 10:40 | The 入院