カテゴリ:Overseas( 3 )

ザ・上海 その3 

というわけで、上海・最終章です。
前日の四川料理でお腹を壊し、万博に行けなくなってしまった私。またもやさーちゃんもそれに付き合ってくれました。さーちゃーん、私のせいで2度の万博チャンスを逃してしまいごめんねー(泣)!

午前中は腹痛のためホテルで休憩。私がおトイレにこもっている間、さーちゃんはバーチャル万博(万博の情報誌をみて、行った気になるごっこ)をして楽しんでおられました。そして大分良くなった頃、「海外に来てやらねばならないことベスト3」には常に入ってくる人気項目、「スーパーへ行こう!」が決行となったのでした。

フランス系大型スーパーのカルフールにお出かけしました。
朝から何も食べていない私たちは、スーパーの目の前にある簡易食堂を利用することに。
c0182125_46629.jpg
さーちゃんのワンタン麺

c0182125_401164.jpg
病み上がりですっぴんのユリコ。でも食事を目の前に嬉しそう(恥)。

これまた本当に美味しかった。「ファーストフード中華でも美味しいね〜」と感心する私たち。

その後スーパーでお買いもの。夢中になって徘徊したので、一度ホテルで疲れを癒します。その後向かった先は「静安寺」というキンピカのお寺。私は中国に行ったらお寺に行ってみたいと思っていたのでした。このお寺には白檀の巨大観音様がいらっしゃると、2日目にフランス語の先生から伺っていたのです。ではタクシーに乗ってアロンジィー。ハオチー(中国語で美味しい!の意)。韻を踏んでみた。

c0182125_403152.jpg
c0182125_404241.jpg
素晴らしい出で立ちのお寺です。
観光ではなく、お参りに来ている中国人の方が多くいました。

こちらが噂の観音様
c0182125_41134.jpg
神々しいです。
それもそのはず、周りには金色の飾りが敷き詰められていました。マタイの弦のように、後光が差して見えます。(バッハのマタイ受難曲では、イエスが登場すると弦楽器が薄くハーモニーを奏でます。それはイエスの後光を象徴しているのです。一言音楽コメント)

そしてサービスショットはパリの中華街でよく見かける、「ジョワイユー・ブッダ(喜びのブッダ)」。
c0182125_411735.jpg
日本にはない底抜けの朗らかさです。

さて、腹痛のせいでもう夕方です(笑)。笑い事じゃない。
今日もいとこ家族が食事に誘ってくれているのです。なんだか申し訳ないなぁ。時間を使わせちゃって。しかも私が「まだ上海の夜景を見たことない」なんて我がまま言うものだから、外灘(ワイタン)と言って、上海の夜景といえばココ!という景色が見える個室レストランを予約してくださいました(涙)。

私とさーちゃんは、こんなにも毎日毎日親切にして下さったいとこ家族に記念になるようなプレゼントをしたいと思っていました。それがコチラ。

c0182125_413092.jpg
街ゆく人、皆が振り返って私のことを見ていました(笑)。

この場所を取る、ハタ迷惑なプレゼントを2人の可愛い子供さんたちは喜んでくれました。次から究極に可愛い写真が並びますよ〜。

c0182125_421181.jpg
c0182125_421990.jpg
c0182125_422589.jpg
c0182125_423221.jpg
きゃわいい〜。この世の「可愛い」という言葉をほしいままにするお二人です。


またお料理がすごいの!ゴージャスです。
c0182125_424786.jpg


外はだんだん暗くなってきました。街がライトアップされると、こんな感じになりました!
c0182125_42597.jpg
素敵。ではさーちゃん念願のゴマ団子を食べて帰りましょうか!

c0182125_432648.jpg
デカッ!
私の顔の大きさほどあります。ま、言いすぎだね。でも拳よりは断然大きいです。こんなに美味しいゴマ団子は食べたことがありません。今思い出しても食べたい衝動に駆られます…。

では見事な夜景と共に記念撮影。
c0182125_434924.jpg


上海でいとこ家族にお会いするのは今晩が最後だなと思うと寂しさを覚えました。浦東(プードン)の景色にもさよならを言って最後にまたみんなで記念撮影。
c0182125_435980.jpg


翌日はもう帰国日です。その前に一仕事待っています。万博内のアジアスクエアという特設会場での第九演奏です。

日本らしいものを着てほしいとのお申し出に、日本側は浴衣を着ることになったそうです。我らソリストは、主催である瀬戸市のハッピを着ることになりました。

c0182125_441237.jpg
お祭り好きの大宮っ子らしく、ハッピが似合いすぎです。恥ずかしい位似合っています。

舞台はこんな感じ。リハーサル中から大勢のお客様がいらっしゃいました。
c0182125_442830.jpg
c0182125_443816.jpg


なんと園子さんがいらして下さいました!!炎天下の中、ずっと立って演奏を聴いて下さいました。コンサートは続いていましたが、第九が終わるなり、園子さんのもとへ!
c0182125_445354.jpg

コンサートが終わるや否や、飛行機の時間に間に合わないとのことで、帰途につかねばなりませんでした。園子さんにはこの一週間本当にお世話になりました。別れ際の悲しかったことと言ったら!

そしてあっという間に成田に着いたのでした。
まるで夢を見ていたような気分です。

私が今サントリーホール公演のために用意している曲はラヴェルの「シェエラザード」という曲です。その1曲目、「アジア」という曲があります。未踏の地であるアジアへ、激しい憧れを抱き夢想するお話です。その中で中国を歌うシーンに

「私は魅惑の宮殿に長居したい。そしてうっとりと心行くまで眺めたい、樅の木の額縁に飾られた布地の絵、果樹園の真ん中に一人の異邦人が描かれた風景を。」

という歌詞が出てきます。お茶の先生のサロンでゆっくりしている時、まさにこの言葉が浮かびました。そして色々な中国の風景を見て、私は自身をその布地に描かれている一人の異邦人のように感じました。中国人のパワーと、文化、文明、歴史の素晴らしさを肌で感じた一週間でした。

ちなみに、その「アジア」という曲の最後の節はこちら。

「そして私は帰還の後に、夢追い人たちに私の冒険物語を語るのだ。
シンドバッドのように、古いアラブのカップを時々口に運んで、見事に話を途切れさせながら…」

私も上手に上海での出来事をお話できたかしら(笑)。
[PR]
by komaiyuriko | 2010-06-09 23:48 | Overseas

ザ・上海 その2 

3日目は、観光地ナンバー1に輝く豫園に行って参りました。
c0182125_16145580.jpg

いとこの奥様、園子さんに連れられて、この日はソリスト4人まとめてお世話になりました(笑)。豫園とは明や清の時代の面影残る名園です。確かに頭に思い描くような中国です!
c0182125_16151489.jpg

豫園の周りは豫園商城と呼ばれ、いわゆるお土産屋さんがひしめき合っています。
c0182125_1616927.jpg
c0182125_16153279.jpg

この中で行かなければならないのは南翔饅頭店というショウロンポウ屋さん。テイクアウトもイートインもものすごく混んでいます。私たちは園子さんから早めに着かないと混んでしまうという情報を入手していたので難なく入店。さー、食べるぞー!
c0182125_16162217.jpg

c0182125_16163667.jpg
私が飲んでいるものは何でしょう?ストローで飲んでいますがドリンクではありませんよ。

c0182125_1617767.jpg
ビッグカニみそ小籠包です!小籠包は肉汁がスープのようになっているのが基本ですが、それをストローで飲もう!というこの発想に脱帽です。ばかげているけど面白い!

愉快なソリストの皆さんと。
c0182125_16172262.jpg
c0182125_16173355.jpg


その後、豫園商城の一角にある激安市場のようなところに行きました。テノールの神田さんは生徒さんたちにお土産を買うようです。こうなると正規の値段では買えません。なんせ100個買うんだから!他のお店では12元(約180円)していたという可愛らしい中国の幸運を呼ぶお守りストラップ屋さんで、値切り交渉開始!園子さん、本領発揮です。素晴らしい交渉術でなんと一つ2.5元(37円)にまで下がりました(爆)。下げさせといてなんですが、下がりすぎです!一体値段って何なんでしょう(笑)。

その後、一旦ホテルへ戻り休憩し、晩御飯の時間です。食べてばっかりは言わない約束。だって上海だもん。この日はおしゃれなレストランをいとこ家族が予約してくださいました。
c0182125_16174941.jpg
この店の名物ドレミ麺(と言ったような気がする)
いとこ家族は幼稚園に通う一真君の下に2歳のあやのちゃんがいます。いい子にご飯を食べています。
c0182125_1618630.jpg
大好きなパンパン(パンダのお人形)と一緒ならいい子でいてくれます。

そして念願のカメゼリー(笑)。
c0182125_16181976.jpg
金木犀の薫りとはちみつが絶妙で、苦味のあるゼリーとの相性は抜群。

さて、翌日はコンサートなので早く帰って準備をしなければ!
はい、コンサートの日~。
朝からリハーサルです。会場はサントリーにそっくりな良いホールです。こちらリハーサル中。
c0182125_16191365.jpg


すると、フルートの首席の子と目が合いました。ん?!?!

ゆ「すみません、もしかしてあなた…(フランス語)」
彼「やっぱり!ボクも君じゃないかと思ってたんだー!(フランス語)」

なんと彼は、パリ留学時代、同じ奨学金をもらっていたフルーティストだったのです!その奨学金は、CDを作る特典があり、私も彼もまーちゃんもその録音に共に参加していたのです。
彼の名前はフェン・ディ。覚えやすいですね(笑)。名前は笛と書きます。フルーティストだった父がつけたのだそう。さっそく笛吹童子と記念撮影。
c0182125_16184172.jpg

笛君は親切にも上海を案内してあげると申し出てくださいましたが、私たちの方が遊びの予定でいっぱいだったため諦めました。残念!

本番は大勢のお客様に迎えられ、大成功を収めました。中国人のコーラスも4分の1ほど入っていました。オケは中国人、そしてコーラスとソリストは日本人。

≪あなたの不思議な魔力によって、時代が切り離したものを再び結びつけ、全ての人は兄弟となる≫

これらの言葉を歌っている時、胸に込み上げてくる感情がありました。パリにいた頃、仲良しの中国人のおうちに遊びに行った時、その友人の両親に「戦争を今、日本人としてどう考えているのか」と聞かれたこともありました。中国残留孤児のドキュメントを見て、悲しみと怒りと、中国人の優しさを感じ、どうにもならない経済的困窮を前に涙を流す中国人を見て悲嘆にくれたこともありました。確かに過去に様々なことがあったけれど、これから私たちができることは、それら全てを正しく理解し、認めて、未来のために日中友好、アジアの団結、そして世界平和を訴えていくことだと感じました。今、このホールで二つの国の人々が共にこの言葉を歌うことがとても素晴らしいことのように思えました。

コンサートを終え、袖にいとこ家族が来てくれました。
c0182125_1619337.jpg

お世話になったメンバーで記念撮影。いとこの浩次君(一番右)と私が似ていると、神田さんもさーちゃんも言いました。さーちゃんは話し方や声が私の父に似ているとも言いました。やっぱり親戚なんだねー(笑)!

先日歌いに行った幼稚園から素敵な花籠を頂きました。そして大きなお手紙も!いとこ家族からも立派な花束を頂きました。ありがとうございましたー!!
c0182125_16194597.jpg
c0182125_16195331.jpg
c0182125_162051.jpg


お花に囲まれて楽屋で記念撮影
c0182125_1620222.jpg


その日の夜はソリストと関係者で打ち上げがありました。神田さんご希望の四川料理です。
c0182125_16203497.jpg
お決まりの坦々麺。美味しいけど激辛。

c0182125_16204894.jpg
これが一番美味しかった。のどかな風景のようです。でも辛かった。

私は辛いものも好きですが、必ずお腹を壊すので、甘いドリンクを注文しようと試みました。英語もなかなか通じないので、なんだか分らないけれど、とにかく甘いドリンクというウェイターさんの言葉を信じて、注文しました。

c0182125_1621698.jpg
こんなん出ましたけどー。

味は…
c0182125_1621201.jpg
オェ~~!味です。
甘いコーンスープにヨーグルトを混ぜました、という味。

仕方がないので、紹興酒をバカ飲みして、いい調子でホテルに帰りました。
c0182125_16304515.jpg

もちろん翌日、お腹を壊したことは言うまでもありません。

お花畑と化したホテルの部屋で
c0182125_16214247.jpg


続く。
[PR]
by komaiyuriko | 2010-06-02 22:35 | Overseas

ザ・上海 その1

おこんばんは、ゆりこどす。
この1週間、さーちゃんと上海第9ツアーに出かけておりました。この企画は、愛知万博の際に上海交響楽団のメンバーを招きコンサートをしたことからできた御縁で、今年の上海万博の年に、愛知県の瀬戸市にあります第9を歌う会の主催で、日中友好、世界平和、人類みな兄弟を声高らかに歌おうという趣旨のもと、開催されたものでした。

旅の予定は、上海到着から4日目に上海交響楽団との第9を東方芸術センター(サントリーホールとそっくりのホールです。)で、そして6日目に上海万博のアジア広場で第9と日本の歌のコンサート、という内容でした。ということは、かなり自由時間がありますねぇ、ふふふ。上海には私のいとこ家族が住んでいるのですよ。こりゃ随分遊んでもらえるな。

まず、到着してすぐにバスに乗ります。いきなりオケ合わせが入っているからです。飛行機を降りて、そのオケ合わせまでの時間、車窓から上海観光ができました。が、朝4:30に出発した私はすさまじい眠気で爆睡。急に起こされてバスから降ろされると目の前にこちらがありました。
c0182125_1505322.jpg
テレビ塔です。上海のシンボルです!

目の前は外灘といって租界時代の街並みです。
c0182125_1511453.jpg
石炭を乗せた船に一瞬呆気にとられました。急速に進む時代とのギャップを感じずにはいられませんでした。

そして早めの夕食を済ませ(15時に。早すぎでしょ?!遅めのランチです。)、早速オケ合わせです。上海交響楽団の練習場は大変立派でした。
c0182125_1512917.jpg

稽古場も広いこと!
c0182125_1514423.jpg

寝不足ながら2回の通しを無事クリア。トイレに入るとこんな写真が。
c0182125_1515819.jpg
私は違いが分らなくて悩めましたが、さーちゃん曰く、座って足を下ろす、ということらしい。中国のトイレ事情も心配事の一つでしたが、万博のおかげで随分整備されたようです。街のトイレもパリ並みです。微妙ですが、まぁ大丈夫です(笑)。

稽古も終わり、ホテルに夜到着したものの、3時のおやつ、間違えた、15時の夕食が早すぎてお腹が空いた私たち。プラプラ外に出てみました。すると鬼狭い店の入り口に「人気爆発」と書かれたヌードルショップを発見。
c0182125_152218.jpg
お腹を壊すかも、という不安と闘いながら、すんなり入場。この店イチオシの老鴨面という文字列のものを注文しました。そして出てきた麺の見た目といい、香りといい、おぞましいこと!
お腹を壊すなという予感が確信に変わりましたが、旅に出たらなんでもチャレンジしないと意味がない!いざっ!
c0182125_1523987.jpg
おいすぃ~い!なんだかわけの分らない臭い食べ物ですが、味は美味しいです(笑)。特にトッピングされている数種類の内臓と思われるものが私に危険信号を送ってくるのですが、なぜか挑戦的に食す私。

結果、お腹も壊さず、初日にして見事、上海人の胃袋を得た私たちなのでした。

さて翌日、皆様は万博で一日過ごす予定日でしたが、私はキャンセルして、いとこ家族のお子さんが通う幼稚園でミニコンサートをしました。目に飛び込んできたこの看板(嬉々)!
c0182125_153127.jpg

なんと、さーちゃんも万博をキャンセルして来てくれました。
c0182125_1531394.jpg

続々と園児が集まります。きゃわいいー。
c0182125_1532766.jpg
コンサート前から、余りの可愛らしさにちょっかいを出す私。

「やぎさんゆうびん」や「おつかいありさん」、「おかあさん」、「小鳥のうた」などを歌いました。知っている曲はみんなも口ずさんでくれました。
c0182125_1534618.jpg
どんだけ張り切って歌ってんねん!という顔。多分、白やぎさんが読まずに手紙を食べたところ(爆)。

最後には、さーちゃんまで一緒に歌ってくれました。日本の唱歌を4曲ほど二重唱しました。ありがとう、サーチンゲール!!
c0182125_154680.jpg
いとこの奥様、園子さんと長男の一真君。

コンサートが終わると、教室をのぞかせて下さいました。小さな椅子が可愛すぎて、大人が座っても大丈夫という言葉に誘われて座らせてもらいました(笑)。
c0182125_1542385.jpg
これで壊れたら悲劇だね。

年長さんは、ひろーいお庭で遊んでいます。
c0182125_1543878.jpg
一真君と仲良しのけいご君。

幼稚園を出ると、園子さんがお茶の先生のサロンへ連れて行って下さいました。
c0182125_1545471.jpg

こちら、お茶の先生。
c0182125_155529.jpg
さーちゃんはアンジェラアキに似ているということでアンジェラと呼んでいました。可愛らしい先生です。日本語を話します。

まず最初にこちらをどうぞ、と出された不思議なもの。
c0182125_155931.jpg

食べるとこんな味。
c0182125_1552156.jpg

サンザシのような味ですが、もう少しあっさりしていて、さらに後味すっきりで美味!桜の仲間のようです。
c0182125_1561575.jpg
先生セレクトのお茶を、数種類淹れて飲ませてくださいました。それぞれ違った茶器で淹れます。

お気に入りのお茶を購入する私たち。どれも日本では飲めないような貴重なお茶を頂きました。
c0182125_157138.jpg


さて、園子さんと別れてメトロでホテルに帰ります。メトロに乗るの、ワクワクするなー。
c0182125_1572019.jpg
c0182125_1573110.jpg
c0182125_1573962.jpg

南北線のように綺麗で行き届いた地下鉄に驚きを隠しきれません!さすが万博パワー。
地上に出ると、屋台というか荷台というか、とにかく色々な物を売る人がたくさんいます。そして割とお客さんもいるのですよねー。面白い風景です。
c0182125_158160.jpg
c0182125_1581098.jpg


今日は晩御飯のランデブーがあるのです。この方とでーす!!
c0182125_1582383.jpg

この写真をみて、「オーー!!」と声を上げるのはまーちゃんしかいないでしょう(笑)。
実はこの方、私とまーちゃんがパリに行く前に日仏学院でフランス語を習っていた先生なのです!今は上海のアリアンス・フランセーズでフランス語を教えていらっしゃいます。6年ぶりの再会に感激も一入。コンサートをさせて頂いた幼稚園の園長先生のお知り合いで、連絡がついたのでした。ものすごい偶然。いや、必然だな。

この日は日本人のお口に合うという香港料理を頂きました。確かに猛烈美味しかった!
c0182125_1584093.jpg

美味しすぎてご飯のお変わりしちゃった!まーちゃんに怒られるから内緒にしておいてね、さーちゃん。ココナッツミルクティ(どでかいタピオカのようなもの入り)も美味しかったし、中国野菜のソテーが特に美味しかった。あ、それから変わったお豆腐の料理も!

先生はなぜ安定した日本から急に上海に移り住んだのでしょうか。その答えは、
「全てをチェンジしたかったから!」
だそうです。かっこえぇ~~。相変わらずの元気さと若さとタフさと面白さを兼ね備えた素敵な先生でした。

帰り道、バスで帰る先生をお散歩がてら送りました。
c0182125_1592161.jpg

バス停でバスの乗り方を教えてくれる先生。バスはトロリーバスのように電線を触って走ります。
先生が乗って行ってしまうとバスが見えなくなるまで手を振りました。

2日目もあっという間に終わりました。ホテルに帰りましょう。
公衆電話や郵便ポストにレトロさを感じ、撮影。
c0182125_1593697.jpg
c0182125_1594542.jpg


今回は2日目までをお届けしましたー。続く。
[PR]
by komaiyuriko | 2010-06-01 00:46 | Overseas