ウラジオストク 演奏旅行記

2ヶ月も前の話。
極東のヨーロッパに行って参りました!
d0246243_02490350.jpg
日本から飛行機で2時間半のロシア、ウラジオストクにコンサートのため一週間、滞在しました。
d0246243_02490430.jpg

万景峰号が停泊するウラジオストク。只今情勢が大変危うい時期ではございますが、そんな時こそ平和を叫ぶべきなのではないかとのことで参加したのですが、飛行機の窓から並走するテポドンが見えたらどーしよー、なんて馬鹿なことも考えながら、今一度、危機的状況にある平和について考える良いチャンスになりました。

それにしてもウラジオストクは素敵な街でした。
d0246243_02490595.jpg
街と人はヨーロッパ。それなのにみーんなニコニコしていて夜も治安がいい。ゴミもなく秩序が保たれている。いわゆる不良みたいな輩もいない。日本より安全かも、なんて思ってしまいました。一番強く印象に残ったことは、ヨーロッパで感じる、「東洋人だな、私は。」と感じさせる雰囲気を一度も経験しなかったこと!そのストレスについて、フランスにいた時は全く気付きませんでしたが、こうしてウラジオストクに来て、あぁ、差別的な雰囲気がないのはすごく気持ちが明るいなと思ったのは事実です。

滞在中は、コンサートの稽古もほどほどで(笑)、自由な時間がかなりありました。英語が全く通じず、大体連想ゲームのようなコミュニケーションでしたが、それもまたいとおかし。

食べ物屋さんやカフェはどこもかなりオシャレ。
d0246243_02490574.jpg
d0246243_02490663.jpg
そして薄味。とてもいいです!蕎麦の実のきのこごはん風、悶えるほど美味しかったです。こちらの方は蕎麦の実を食べるみたい。
d0246243_02490631.jpg

スーパーマーケットは最高のアミューズメント。何度も足を運び、海藻味のチョコやウラジオストクで大変気に入った、なんだかよく分からないハーブ達、聞いたことのない果物のジュース、麦を発酵させて変な味付けをした恐ろしく不味い飲み物、チーズでもクリームでもない、じゃ一体何?!と言いたくなるスメタナと言う名の美味しい乳製品等々、購入。
d0246243_02490761.jpg
街では当然のことながらマトリョーシカやチェブラーシュカグッズを購入。買い物は満喫しました。

観光も十分にさせて頂きました。シベリア鉄道の終点というか出発点であるウラジオストクは海と陸の駅が背中合わせ。
d0246243_02490763.jpg
なかなか趣がありました。そしてウラジオストクが一望できる丘の上にも参りました。
d0246243_02490826.jpg
レーニン像も蒼空に映えています。
d0246243_02570926.jpg
そういえば今後観光する方のためにプチ情報。ウラジオストクは坂と階段の街。足腰弱い方にはお勧めできません。どこへ行くにもひどい坂と急な階段。何度もくじけそうになりましたが、戦後のシベリアからの引揚のことを考えれば、死ぬわけでなし、と頑張りました。そんなことを考えるほどキツかったってこと!

さて、本題のコンサートは、平和と戦争、原爆とその後をテーマにした合唱カンタータ「土の歌」を、作曲家自らの指揮で歌いました。オケはロシアの方々。
d0246243_02574387.jpeg
歌いながら、今、世界は間違ったナショナリズムや変な高揚感に惑わされて、戦争に向かおうという方向に足を踏み入れていないか、政治家達は日常の営みの大切さを忘れてはいないか、誰も大切な人を失いたくないという簡単なことを無視していないか、と義憤に悔し涙が流れることも。

大木惇夫は教えてくれます。
「農夫と土」では、農夫が土に種を植え、自然と共に生きる姿、そして自然のサイクルの奇跡について歌われます。

花さき みのる 毎年の
約束の不思議さよ

そして原爆投下のあと、「地上の祈り」では大地の祈りと逞しく希望を失わず生きていく人々の尊さを語ります。

 ああ 戦争の
 狂気をば
 鎮めたまえ

地の上に花さく限り
よろこんで日ごと営み
悲しみも耐えて生きよう

ああ 栄光よ
ああ 地の上に平和あれ

そして有名な終曲「大地讃頌」では、土の力を信じよ、大地を褒め、讃えよ、と謳います。メタメタに汚された土。死の灰に冒された土。でもその土の生命力、再生力を信じて、日本人は生きてきたし、今後も生きて行くのだという力強いメッセージ。

国会全体合唱でもしたら〜?


[PR]
by komaiyuriko | 2017-08-26 02:42